RPGツクール2000/バグ・エラー
■エラー表示:「メモリストリームの拡大中にメモリが足りなくなりました
(更新:2015/11/21)


このようなエラーが表示されて、ゲームが中断しましたか?



※当ページの検証は『Windows10』で行っています。



☆エラーの特徴
このエラーは、ツクールの実行ファイル「RPG_RT.exe」の問題によって発生します。
そのため、イベントの設定などではこのエラーの回避は出来ず、
エラーが発生する条件を満たすと100%の確率でエラーが発生します。



●BGMの演奏が影響しているらしい
このエラーが発生する詳しい原因は分かっておりませんが、
どうやら「BGMの演奏が関わっているのではないか」と考えられています。

実際にMIDI形式のBGMを大量に読み込みますと、まずBGMが演奏されなくなり、無音になります。
その後、さらにBGMの演奏を実行し続けると、このエラーが発生し、ゲームが強制終了します。

そのため、通常のデフォルト戦闘があるRPGの場合は、
フィールドBGM → 戦闘BGM → 戦闘勝利BGM → フィールドBGM・・・
と繰り返しにBGMが切り替わるので、特に長編RPGではこのエラーが発生しやすくなります。



●無音になった後でもMIDI以外のBGMは演奏される
MIDI形式を大量に演奏して無音状態になった後でも、
MIDI形式以外のMP3形式などのBGMは、問題なく演奏する事が出来ます。
但し、MP3で音が鳴ったとしても、このエラーの発生が回避された訳ではありません。



●セーブファイルが破損する
MIDI形式を大量に演奏して無音状態になった後にセーブを実行し、このエラーが発生しますと、
セーブファイルが破損して、セーブデータが読み込めなくなるトラブルが発生します。

無音状態になった後でも問題無くセーブする事が出来る事もありますが、
セーブが出来るかどうか(エラーが発生するかどうか)は、実際にセーブをしてみないと分かりません。

もしも無音状態になった後にセーブを実行する場合は、
絶対に上書きでセーブはせず、未使用のセーブ番号でセーブしてください。
またセーブ後は速やかにゲームを終了して、ゲームを再起動してください。



●発生するタイミングが謎
複数のMIDIファイルを同じ組み合わせで演奏すると、
何度テストプレーを実行しても、同じタイミング(同じ演奏回数)でエラーが発生します。
演奏するMIDIファイルを変えると、エラーが発生するタイミング(演奏回数)が変わります。

この事から単にMIDIファイルの読み込み回数から、
このエラーが発生するタイミングを見つける事は出来ません。

以下の2つの設定例は、演奏するMIDIファイルの内容を変えたものです。
両者を比較するとエラーが発生するタイミング(繰り返しの回数)が異なります。

■マップイベント
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆繰り返し処理
 ◆BGMの演奏:Jアイテム
 ◆BGMの演奏:Jギャグ1
 ◆BGMの演奏:Jギャグ2
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ1
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ2
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ3
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ4
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ5
 ◆BGMの演奏:Jファンファーレ6
 ◆BGMの演奏:J疑惑
 ◆変数の操作:[0001]加算,1
 ◆文章:\>\^\v[1]
 ◆イベントの呼び出し:
 ◆
:以上繰り返し
■マップイベント
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆繰り返し処理
 ◆BGMの演奏:J宿1
 ◆BGMの演奏:J宿2
 ◆BGMの演奏:J戦闘終了1
 ◆BGMの演奏:J戦闘終了2
 ◆BGMの演奏:J戦闘終了3
 ◆BGMの演奏:J戦闘終了4
 ◆BGMの演奏:J謎
 ◆BGMの演奏:エンディング1
 ◆BGMの演奏:エンディング2
 ◆BGMの演奏:エンディング3
 ◆変数の操作:[0001]加算,1
 ◆文章:\>\^\v[1]
 ◆イベントの呼び出し:
 ◆
:以上繰り返し
308」が表示された所でエラーが発生。 233」が表示された所でエラーが発生。
MIDIファイルの合計容量:15.4KB MIDIファイルの合計容量:76.7KB

基本的に読み込むMIDIファイルの容量が大きくなると、
エラーが発生するタイミングが早くなるようですが、
ファイル容量や演奏時間の合計からエラーが発生するタイミングを読み取るのは難しいと言えます。



●一度終了させる必要がある
ゲームの途中でセーブしてタイトル画面に戻り、そしてロードしても、このエラーの回避は出来ません。
このエラーを回避するためには、セーブ後に一旦ゲームを終了させ、
再び実行ファイル「RPG_RT.exe」を開いて、ゲームを再起動する必要があります。



☆エラーの回避方法
実行ファイル「RPG_RT.exe」「Windows98/WindowsMe」の互換モードにすると、
エラーが発生しなくなります。


実行ファイルの上で右クリックを押し、「プロパティ」を選択してください。
▼この上で右クリック




表示されたプロパティの画面上にある「互換性」のタブをクリックし、
互換モードのチェックボックスをクリックしてください。
そして一覧を表示して、「Windows 98 / Windows Me」を選択してください。
設定が宜しければ、画面下の「OK」をクリックしてください。



これでエラーが発生しなくなります。



▼互換モードの注意点
この互換モードは、制作者側が事前に設定しておく事が出来ず、
プレイヤー側がダウンロード後(圧縮解凍後)に自ら行う必要があります。

この互換モードにすると、ツクールの制作画面からテストプレーを実行した時に、
以下のエラーが発生し、テストプレーが強制終了します。

そのため、制作中のテストプレーでは、この互換モードは使えません。
エラーを回避するためには、定期的にセーブを行って、長時間プレーの時には、
セーブ後に一旦テストプレーを終了させるなどの対策が必要です。

Windows8.1の互換モードでは、セーブファイルは「パブリックのドキュメント」に保存されます。
フォルダの位置は「OS(C:) > ユーザー > パブリック > パブリックのドキュメント」です。



☆補足
ファイルの読み込みに影響が出るため、
画像の読み込みや効果音の演奏などにも影響が出る事があります。



変数の操作で「MIDIの演奏位置(Tick)」を値をチェックすれば、
値が0のまま=演奏されていない」と判断する事は出来ます。
但し、これは演奏の有無を調べるだけであり、エラーの回避などは出来ません。


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール