RPGツクール2000/初心者
■どこでもセーブ
(更新:2016/08/27)


セーブが禁止されているマップでも自由にセーブする事ができるようにする
テストプレー用のイベントを設定します。



☆3種類の設定例
イベントはデータベース「コモンイベント」に設定してください。

基本的に「●Shiftキーを押すとセーブ画面を表示」の方法で設定すると良いでしょう。

Shiftキーを別の用途で使用している場合は、
●常に「セーブ許可」にする」で設定すると良いでしょう。

上の2つは定期的に並列処理するで処理しますので、多少の処理落ちが発生します。
既に重い処理落ちが発生している場合で、
出来る限り処理落ちが無い状態でテストプレーを行いたい時には、
●スイッチONでセーブ画面を表示」で設定すると良いでしょう。

作品を公開する時には、コモンイベントを削除するか、
イベント開始条件を「呼び出されたときのみ」に変えてください。



●Shiftキーを押すとセーブ画面を表示
Shiftキーを押すとセーブ画面が表示されます。

■コモンイベント「どこでもセーブ」
イベント開始条件:定期的に並列処理する
出現条件スイッチ:なし
◆キー入力の処理:[0001](Shift/オプション:ON)
◆セーブ画面の呼び出し




●常に「セーブ許可」にする
セーブ禁止の設定を自動的に解除するイベントを設定します。

■コモンイベント「どこでもセーブ」
イベント開始条件:定期的に並列処理する
出現条件スイッチ:なし
◆セーブ禁止の変更:許可する
◆ウェイト:0.1秒<処理落ち軽減用のウェイト


作品公開前にはコモンイベント「どこでもセーブ」を停止して、
ちゃんとセーブ禁止が機能しているかどうかを確認してください。



●スイッチONでセーブ画面を表示
スイッチがONになったらセーブ画面が表示されます。

■コモンイベント「どこでもセーブ」
イベント開始条件:自動的に始まる
出現条件スイッチ:[0001:どこでもセーブ実行]
◆スイッチの操作:[0001:どこでもセーブ実行]をOFFにする
◆セーブ画面の呼び出し


スイッチをONにする時には、F9を押してスイッチをONにしてください。
※アイテムや特殊技能を使用する事でスイッチがONになるようにする事もできますが、
 その使用するとスイッチがONになるアイテムや特殊技能を持たせるイベントを設定し
 た後には、セーブ後に速やかにその持たせるためのイベントを削除してください。




☆補足
マップ内でセーブができるかどうかの設定マップの設定にて行います。



テストプレーで一時的にセーブができるようにする場合は、
マップの設定のセーブの設定を一時的に「許可する」に変えたり、
マップイベントで臨時のセーブポイントを作ったりする方法があります。
しかし、テストプレー後に「許可する」の設定を「禁止する」の設定に戻したり、
臨時のセーブポイントを削除したりする必要があり、
元に戻す事を忘れてしまう可能性(バグが発生する可能性)があります。

しかも複数のマップで一時的にセーブを可能にする場合は、
マップごとに一時的にセーブが可能になるようにする必要がありますので、
より元に戻す作業を忘れてしまう可能性があります。

そのため、コモンイベントに「どこでもセーブ」を設定しています。



◎関連ページ
 ●イベントコマンド:セーブ画面の呼び出し
 ●イベントコマンド:セーブ禁止の変更


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール