RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)【サイトトップへ戻る】
■指定位置のイベントID取得
(更新:2020/06/28)


イベントIDはマップイベントごとに設定されている番号の事を言います。
【イベントIDに関する説明を見る】

指定位置のイベントID取得を使うと、
指定したマス座標にあるマップイベントのイベントIDを調べる事ができます。



▼場所

イベントIDを調べる座標を設定します。

変数で指定の場合は、変数の値が調べる座標になります。
▼イベントIDを受け取る変数

イベントIDを受け取る変数を設定します。

指定した場所にマップイベントが無かった時には「0」が取得されます。

調べたマスに複数のマップイベントが重なっている時には、
最も大きいイベントIDが取得されます。


▲トップへ戻る▲


  
■使用例

指定位置のイベントID取得は、
指定したマスにマップイベントがあるかどうかを調べる時に使います。



例えば床スイッチの上にマップイベントが重なると扉が開くイベントを作りたい時には、
床スイッチがあるマスのイベントIDを指定位置のイベントID取得で調べて、
もしも「イベントID=1以上」になった時には、
「床スイッチの上にマップイベントが乗った」と判断して、扉が開くようにします。
【床スイッチの上に物が乗ると扉が開くのページを見る】



自作エンカウントを作成する際、
移動先にマップイベントがある時には敵が出現しないようにする時に、
指定位置のイベントID取得を使います。
【自作エンカウントのページを見る】



弾丸を飛ばして敵を攻撃する処理を作成する際、
弾丸の移動先に敵がいるかどうかを調べる時に指定位置のイベントID取得を使います。


▲トップへ戻る▲


  
■イベントID取得の注意点

イベントIDは、マップイベントが移動し始めると、
すぐに移動先のマスがイベントIDの位置になります。



▲トップへ戻る▲


  
■補足

▼場所変数で設定した時に、もしもマップにループ設定がある場合は、
変数で設定された値もループして座標が指定されます。

例えば横50マス(X座標0〜49)のマップがある時に、
X座標を設定する変数の値を「-1」にすると、
イベントIDを読み取るX座標は「49」になります。

逆にX座標を設定する変数の値を「50」にすると、
イベントIDを読み取るX座標は「0」になります。



イベントコマンド:イベントの一時消去でマップイベントを消去しても、
指定位置のイベントID取得で調べるとイベントIDを取得する事ができます。

またイベント出現条件を満たしていないマップイベントも、
指定位置のイベントID取得で調べるとイベントIDを取得する事ができます。


▲トップへ戻る▲



◎関連ページ

●イベントIDとは?
●床スイッチの上に物が乗ると扉が開く
●イベントコマンド:イベントの一時消去
●イベントコマンド:イベントの呼び出し

YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール