RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■指定位置のイベントID取得
(更新:2015/11/21)


指定位置のイベントID取得は、
指定しました座標(マス)のイベントIDを取得したい時に使います。



▼場所
イベントIDを調べる座標を設定します。
変数で設定する場合は、変数の値がそのまま調べる座標になります。 
▼イベントIDを受け取る変数
指定しました場所のイベントIDを受け取る変数を設定します。
※マップイベントが無かった時には、
 変数には「0」が代入されます。
※調べたマスに複数のマップイベントが重なっている時には、
 最も大きいイベントIDが取得されます。



☆イベントIDとは?
イベントIDは、マップイベントに設定されている番号の事を言います。
【イベントIDに関する詳しい説明を見る】



☆使用例
指定位置のイベントID取得は、
指定したマスにマップイベントがあるかどうかを調べる時に使います。

例えば、床スイッチの上にマップイベントが重なると、
扉が開くようなイベントを作りたい時には、
床スイッチがあるマスのイベントIDを指定位置のイベントID取得で調べ、
もしもマップイベントがある時(変数の値が1以上の時)には、
扉が開くようにします。
【床スイッチの上に物が乗ると扉が開くのページを見る】

アクションRPGの戦闘システムでは、
主人公の目の前のマスに敵イベントがあるかどうかを調べ、
もしも敵イベントがいる時(イベントIDが1以上の時)には、
攻撃イベントを実行するようにします。

自作のイベントシステムを作らない方にとっては、
全く使わずに作品を完成させる事もある特殊なイベントコマンドです。



☆イベントID取得の注意点
イベントIDは、マップイベントが移動し始めると、
すぐに移動先のマスがイベントIDの位置になります。




☆補足
▼場所変数で設定する場合で、
もしもマップにループ設定がされている場合、
変数で設定された値もループしてイベントIDを取得します。
例えば、横50マス(X座標0〜49)のマップがある場合、
X座標を設定する変数の値が「-1」である場合は、
イベントIDを読み取るX座標は「49」のマスを調べます。
逆にX座標を設定する変数の値が「50」である場合は、
イベントIDを読み取るX座標は「0」のマスを調べます。



イベントコマンド:イベントの一時消去でマップイベントを消去しても、
指定位置のイベントID取得で調べるとイベントIDを取得する事ができます。
またイベント出現条件を満たしていないマップイベントでも、
指定位置のイベントID取得で調べるとイベントIDを取得する事ができます。



◎関連ページ
 ●イベントIDとは?
 ●床スイッチの上に物が乗ると扉が開く
 ●イベントコマンド:イベントの一時消去
 ●イベントコマンド:イベントの呼び出し


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール