RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■キー入力の処理
(更新:2015/11/21)


キー入力の処理は、
現在押されているキーを変数の値にして読み取ります。



▼キーコードを受け取る変数
押されているキーの番号を受け取る変数を設定します。
受け取る番号は、各キーの設定の所にありますカッコの数字になります。
▼入力を許可するキー
押しているかどうかを調べるキーを設定します。
チェックされているキーだけを調べ、
チェックされていないキーは、押されても無視されます。
▼キーが押されるまで待つ
入力を許可するキーで設定されましたキーが押されるまで、
このキー入力の処理の所でイベントの処理が止まります。
このオプションが設定されてない時には、
入力を許可するキーで設定されましたキーが押されてなくても、
イベント処理は下へと進みます。
この時のキーコードを受け取る変数の変数には「0」が設定されます。



☆キーごとに処理を分ける
キー入力の処理で押されているキーごとにイベント処理を分ける場合は、
イベントコマンド:条件分岐を使って処理を分けます。
▼設定例
◆キー入力の処理:[0001:キー](上下左右・決定・取り消し・Shift)
◆条件分岐:変数[0001:キー]が1
 ◆〜下キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が2
 ◆〜左キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が3
 ◆〜右キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が4
 ◆〜上キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が5
 ◆〜決定キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が6
 ◆〜取消キーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:キー]が7
 ◆〜Shiftキーが押された時のイベント〜
 ◆
:分岐終了




☆補足
取り消しキーを押しますと、通常はメニュー画面が表示されますが、
イベントコマンド:メニュー画面禁止の変更禁止するにしますと、
取り消しキーを押してもメニュー画面が表示されなくなります。



オプション:キーが押されるまで待つが設定されている時に、
キー入力の処理の所でイベント処理が停止している間は、
キー入力の処理に設定しました変数には「0」が設定され続けます。



RPGツクール2000のバージョンが古いと、
方向キーの向きごとの設定やShiftキーの設定ができません。
【RPGツクール2000のアップデータが置いてあるページを開く】



◎関連ページ
 ●キー入力の処理
 ○同時押しの処理
 ┣○自作キー待ち設定
 ┗
○キー押し続けの不具合対策

 ●イベントコマンド:メニュー画面禁止の変更


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール