RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■条件分岐
(更新:2015/11/21)


条件分岐は設定された条件が満たされている時のみ、
条件分岐内のイベント設定を実行します。

条件を満たしていない時には、
その条件分岐の最後の所(:分岐終了)まで処理が飛びます。

バトルイベントで使う条件分岐に関しては別ページで紹介しています。
【バトルイベントの条件分岐のページを開く】



▼スイッチ
指定されたスイッチがON、またはOFFの時に条件を満たします。
▼変数
上の変数の値と下の定数または変数の値を比べて、
指定された値である場合は、条件を満たします。

下の表は上の変数の値定数「5」の設定されている場合で、
〜と同値〜以上の条件を満たしているかどうかを示す一覧表です。
上の変数の値→
上の変数の値5と同値 × × × × × × × ×
上の変数の値5以上 × × × ×
上の変数の値5以下 × × × ×
上の変数の値5より大きい × × × × ×
上の変数の値5より小さい × × × × ×
上の変数の値5以外 ×
▼タイマー
タイマーが設定されいる時間の範囲内である場合は、条件を満たします。
▼所持金
所持金が設定されいる所持金の範囲内である場合は、条件を満たします。
▼アイテム
アイテムを持っているかどうかの状況によって、
条件を満たしたり、満たさなかったりします。
※装備しているアイテムも「持っている」になります。
▼主人公
〜がパーティーにいる 指定した主人公が、
パーティー内にいる時に条件を満たします。
〜の名前が〜 指定した主人公の名前が、
指定した文字の時に条件を満たします。
〜のレベルが〜以上 指定した主人公のレベルが、
指定したレベル以上である時に条件を満たします。
〜のHPが〜以上 指定した主人公のHPが、
指定したHP以上である時に条件を満たします。
〜が〜を使用できる 指定した主人公が、
指定した特殊技能を使える時に条件を満たします。
〜が〜を装備している 指定した主人公が、
指定したアイテムを装備している時に条件を満たします。
〜が〜状態になっている 指定した主人公が、
指定した状態変化になっている時に条件を満たします。
▼キャラ
指定したキャラクターの向きが設定した向きである時に条件を満たします。
▼乗り物
指定した乗り物に乗っている時に条件を満たします。
▼決定キーでこのイベントを開始した
決定キーを押してこのイベントを実行した時に条件を満たします。
▼演奏中のBGMが一周した
演奏中のBGMがループにした時に条件を満たします。
▼オプション
オプションを設定しますと、
条件に満たしていない時のイベント処理を設定する事ができます。
▼設定例
◆条件分岐:スイッチ[0001]がON
 ◆〜スイッチ[0001]がONの時のイベント処理〜
:それ以外の場合
 ◆〜スイッチ[0001]がOFFの時のイベント処理〜
:分岐終了



☆特定の値を変数に代入して条件分岐で判断する
特定の値をイベントコマンド:変数の操作に代入し、その代入された変数の値で、
条件分岐の条件を満たしているかどうかを調べる方法もあります。



■アイテムを持っている数で条件分岐
アイテムを持っている数によって処理を変えたい時には、
以下のように設定してください。
▼アイテム「ポーション」が3個以下の場合はポーションが手に入る設定例
◆条件分岐:スイッチ[0001:ツボ01]がOFF
 ◆変数の操作:[0001:アイテムの所持数]代入,ポーションの所持数
 ◆条件分岐:変数[0001:アイテムの所持数]が3以下
  ◆スイッチの操作:[0001:ツボ01]をONにする
  ◆アイテムの増減:ポーションを1増やす
  ◆文章:ポーションを見つけた!
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了




■装備している数で条件分岐
特定のアイテムを複数人装備している場合に処理を変えたい時には、
以下のように設定してください。
▼アイテム「パワーバングル」を3人以上が装備している時に扉が開く設定例
◆変数の操作:[0001:アイテムの装備数]代入,パワーバングルの装備数
◆条件分岐:変数[0001:アイテムの装備数]が3以上
 ◆スイッチの操作:[0001:扉開く]をONにする
 ◆文章:みんなで力を合わせて重い扉を開けた。
 ◆
:それ以外の場合
 ◆文章:扉が重くて開かない。
 :  :何か力がみなぎる物を装備しないと開きそうにない。
 ◆
:分岐終了




条件分岐指定位置のイベントID取得キー入力の処理のように、
変数に何らかの値を記憶し、その記憶した値によって処理を変えたい時によく使います。
自作メニューや自作戦闘の制作では欠かせないイベントコマンドであると言えます。



☆補足
条件分岐は若干処理落ちがしやすいイベントコマンドです。
定期的に並列処理するの中で常に大量の条件分岐を処理するような設定は、
避けた方が良いでしょう。



◎関連ページ
 ●イベントコマンド:条件分岐(バトルイベント仕様)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール