RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド・バトル)【サイトトップへ戻る】
■注釈
(更新:2015/11/21)


注釈(ちゅうしゃく)を使いますと、イベント実行内容の中にメモを残す事ができます。

注釈の文字はゲーム画面には表示されません。





気紛れな空間で公開中のパーティー編成システムイベント実行内容です。
注釈を使って何を処理しているのかが一目で分かるようにしています。





●や■などの記号を使って、注釈が見やすくしている設定もあります。





☆YADOの注釈

YADO注釈の使い方を紹介します。



◆注釈:------------------------------------------------------------
:  :主人公表示
:  : 
←空白の文字を入れておく

1行目は仕切り線です。

2行目には、この下に設定されているイベント内容が分かるタイトルを設定しています。

3行目に空白を入れておく事で、2行目のタイトルが見やすくなります。



応用として、
◆注釈:------------------------------------------------------------
:  :主人公表示
:  :変数0008=主人公の行動
:  :0=停止 1=移動中 2=攻撃中
◆注釈:
と言った感じに、重要な変数の内容(使い方)を一緒に書いておく事もあります。
注釈で4行目まで書き込んだ時には、
もう1つ注釈を設定しておく事で、注釈の内容が見やすくなります。



◆注釈:------------------------------------------------------------
タイトルを書くほどの内容では無いが、ちょっと処理を分けたい時には、
このような区切りのみの注釈を使用する事があります。

ある程度まとまった処理には上の長い区切りを使用し、
ちょっとした区切りが欲しい時には、以下のような短いタイプの区切りを使います。
◆注釈:-----------------------------



◆注釈:
これは変数の操作などがたくさん設定されている時に、
途中でちょっと区切りを入れたい時に使います。

▼設定例




注釈の設定は見やすさが重要になってきますので、
自分に合った注釈の表示方法を探してみると良いでしょう。



☆補足

注釈の設定はたくさん設定し過ぎますと、イベント実行内容が見づらくなりますので、
「ここからキー入力の処理」「HPの表示処理」など、
ある程度のグループに分けて注釈を設定された方が良いでしょう。



注釈の設定はゲーム画面には表示されない「無」の存在ですが、
コンピューターの処理上では、
「これは注釈である→次のイベントコマンドへ移動」
と言った感じに処理しています。

そのため、「有っても無くても処理負担は同じ」と言う訳ではありません。

大量に設定しない限り、処理落ちなどの症状は出ないと思いますが、
無用な注釈の設定は控えた方が良いでしょう。


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール