RPGツクール2000/特殊技能・アイテム
■メニュー画面のアイテム・特殊技能の表示について
(更新:2015/08/15)


メニュー画面や戦闘画面でのアイテムを選択する画面は、
データベース「アイテム」並び順で表示されます。


そのため、データベースの並び順が、
0001:ポーション
0002:ハイポーション

となっている場合、「ハイポーション」を手に入れた後に「ポーション」を手に入れますと、
「ハイポーション」→「ポーション」と言った取得順ではなく、
「ポーション」→「ハイポーション」と言ったデータベースの並び順で表示されます。

回復アイテムなどのよく使うアイテムは、
データベース「アイテム」の上の方に設定した方が良いでしょう。



あとから回復アイテムなどを追加する可能性がある場合は、
アイテムの種類ごとに20個単位で分けておき、
あとでアイテムが追加しやすい環境にしておくのも良いでしょう。




☆特殊技能の表示
特殊技能のメニュー画面や戦闘画面の表示順もデータベース「アイテム」と同様に、
データベース「特殊技能」の順番で表示されます。
回復用の特殊技能などは、なるべく上の方に設定した方が良いでしょう。



☆制作途中での並び替えに関して
制作途中にデータベースの順番を並び替えますと、
新しい並び順に合わせて設定を変更する必要があります。
▼アイテムの並び順を変えた場合の変更点
●マップイベント
┗イベント出現条件(〜を所持)
●データベース
┣主人公の初期装備
┗敵キャラの戦利品
●イベントコマンド
┣変数の操作(所持数、装備数)
┣アイテムの増減(宝箱やツボの設定)
┣装備の変更
┣お店の処理
┗条件分岐(〜を持っている、〜を装備している)
 ※変数の操作で装備品IDを取得して、
  その取得されたIDを条件分岐で処理している場合は、
  変更された装備品IDに合わせて条件分岐の値も変えてください。


制作途中での並び替えは、上記項目を1つ1つ確認する手間がかかる他、
設定変更し忘れによるバグが発生する可能性もありますので、
出来る限り制作の序盤でデータベースの並び順を確定した方が良いでしょう。



☆セーブデータに関して
セーブデータには所持するアイテムの数や装備しているアイテムの情報が保存されています。

データベースの並び順を変えた場合、古いセーブデータには前の並び順で保存されており、
新しい並び順に適用させるには、修正用のイベントを設定する必要があります。

制作途中の場合は、セーブポイント付近に修正用のイベントを設定して対処する事が出来ますが、
作品が公開された後の場合は、定期的に並列処理するで現在のバージョンを確認して、
バージョンが古い場合は、修正するイベントを実行させるようにします。



以下はバージョンアップ時の修正用のイベントの設定例です。

■コモンイベント
イベント出現条件:定期的に並列処理する
◆条件分岐:変数[0001:現在のバージョン]が2<バージョンが変わるごとに数値を上げる
 ◆ウェイト:0.1秒
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:現在のバージョン]が0以下
 ◆〜バージョン0→1の設定〜
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:現在のバージョン]が1以下
 ◆〜バージョン1→2の設定〜
:分岐終了
◆変数の操作:[0001:現在のバージョン]代入,2<現在のバージョン番号を設定




以下はアイテム番号80〜82番100〜102番に変更する設定例です。
並び替えの処理はアイテム番号の大きい方(82→102、81→101、80→100)から行います。
なお、装備品ではない場合はこの色の設定は不要です。

◆条件分岐:変数[0001:現在のバージョン]が0以下
 ◆変数の操作:[0002:所持数]代入,アイテム82の所持数
 ◆アイテムの増減:アイテム102をV[0002]増やす
 ◆条件分岐:主人公01がアイテム82を装備している
  ◆変数の操作:主人公01にアイテム102を装備させる
  ◆
 :分岐終了
 ◆条件分岐:主人公02がアイテム82を装備している
  ◆変数の操作:主人公02にアイテム102を装備させる
  ◆
 :分岐終了

 ◆アイテムの増減:アイテム82を99減らす
 ◆変数の操作:[0002:所持数]代入,アイテム81の所持数
 ◆アイテムの増減:アイテム101をV[0002]増やす
 ◆条件分岐:主人公01がアイテム81を装備している
  ◆変数の操作:主人公01にアイテム101を装備させる
  ◆
 :分岐終了
 ◆条件分岐:主人公02がアイテム81を装備している
  ◆変数の操作:主人公02にアイテム101を装備させる
  ◆
 :分岐終了

 ◆アイテムの増減:アイテム81を99減らす
 ◆変数の操作:[0002:所持数]代入,アイテム80の所持数
 ◆アイテムの増減:アイテム100をV[0002]増やす
 ◆条件分岐:主人公01がアイテム80を装備している
  ◆変数の操作:主人公01にアイテム100を装備させる
  ◆
 :分岐終了
 ◆条件分岐:主人公02がアイテム80を装備している
  ◆変数の操作:主人公02にアイテム100を装備させる
  ◆
 :分岐終了

 ◆アイテムの増減:アイテム80を99減らす
 ◆
:分岐終了




◎関連ページ
 ●データベース:特殊技能
 ●データベース:アイテム


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール