RPGツクール2000/データベース【サイトトップへ戻る】
■データベース「特殊技能」
(更新:2015/12/12)


データベース「特殊技能」では、
主人公や敵キャラが使用する特殊技能(魔法)の設定を行います。

▼説明を見たい所をクリックしますと、その説明がある所にジャンプします。
種別:[通常] [テレポート・エスケープ] [スイッチ]















  
■番号と名前

画面の左側には、特殊技能の番号名前が一覧で表示されます。

ここで特殊技能を選択しますと、画面の右側にその特殊技能の設定が表示されます。



イベントコマンド:特殊技能の増減にて、
増減する特殊技能の内容を変数で設定する場合は、
設定する変数にはこの特殊技能の番号を設定します。

▼特殊技能0003番を覚える設定
◆変数の操作:[0001:特殊技能の番号]代入,3
◆特殊技能の増減:アレックスがV[0001]を覚える



特殊技能の設定を別の特殊技能へ複製したい時には、
コピー元の特殊技能の上で「右クリック」→「コピー」を選択し、
コピーしたい特殊技能の上で「右クリック」→「貼り付け」を実行してください。




メニュー画面や戦闘画面での特殊技能の表示順は、この特殊技能の番号の順になります。

HPの回復など、頻繁に使う特殊技能は、
なるべく特殊技能の番号を小さくした方が上の方に表示され、使いやすくなります。




▲ページのトップへ戻る▲

  
■最大数の変更

特殊技能の数を増やしたい時には、画面左下の[最大数の変更]をクリックしてください。



この[最大数の変更]特殊技能の数を減らす事もできますが、
減らした特殊技能をデータベース「主人公」で設定している場合は、
と言った感じに、存在しない特殊技能の所は「?」で表示されます。

この状態でゲームを実行しますと、特殊技能の画面を開いた時や、
レベルアップで存在しない特殊技能を覚えようとする時に、以下のエラーが発生します。



イベントコマンド:特殊技能の増減存在しない特殊技能の番号を設定しますと、
同様のエラーが発生します。

※特殊技能の数を減らす時には、敵キャラの設定の方でも、
 減らした特殊技能が使われていないかどうか確認してください。



▲ページのトップへ戻る▲

  
■名前

全角で10文字、半角で20文字まで設定する事ができます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■種別

特殊技能の種別を設定します。

通常 敵にダメージを与える特殊技能、HPを回復する特殊技能、
状態を変化する特殊技能などを設定します。
テレポート テレポートを行うための特殊技能を設定します。
RPGでは前に訪れた町や城などに戻る時に用いられます。
【テレポートの設定方法を見る】
エスケープ エスケープを行うための特殊技能を設定します。
RPGではダンジョンの入口へ戻る時に用いられます。
スイッチ 使用するとスイッチがONになる特殊技能を設定します。

テレポートとエスケープの違いは、
テレポートはプレイヤーが指定した場所へ移動できるのに対し、
エスケープは最後に移動先が設定された場所のみの移動になります。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■消費MP

特殊技能を使用する時の消費MPを設定します。

「0」にしますと、無制限に使用する事ができます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■説明

全角で25文字、半角で50文字まで設定する事ができます。

メニュー画面や戦闘画面などで特殊技能を選択した時に、
ここで設定された説明文が表示されます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■使用時メッセージ

戦闘画面で特殊技能を使用した時に表示されるメッセージを設定します。

上段は全角で15文字、半角で30文字、
下段は全角で25文字、半角で50文字まで設定する事ができます。



下に用意されている「〜を唱えた」などのボタンをクリックしますと、
(使用者の名前)[特殊技能の名前]を唱えた!
と言った感じにメッセージを用意してくれます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■失敗時メッセージ

戦闘画面で特殊技能の使用を失敗した時に表示されるメッセージを設定します。

メッセージは、4種類の中から選択して設定します。

メッセージの内容は、データベース「用語」[用語2]で設定できます。

選択肢の一番下の項目を設定しますと、この特殊技能が物理攻撃と見なされ、
データベース「状態変化」にある[命中率変化値]の影響も受けるようになります。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■効果範囲

特殊技能を使用した時に、効果がある対象者を設定します。

  主人公が使用 敵キャラが使用
敵単体 敵キャラ1体に効果 主人公1体に効果
敵全体 全ての敵キャラに効果 全ての主人公に効果
使用者 使用した者のみに効果
味方単体 主人公1体に効果 敵キャラ1体に効果
味方全体 全ての主人公に効果 全ての敵キャラに効果


▲ページのトップへ戻る▲

  
■戦闘アニメ

特殊技能を使用した時の戦闘アニメを設定します。

戦闘アニメは、予めデータベース「戦闘アニメ」にて準備してください。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■打撃関係度

使用者の攻撃力(敵攻撃時には敵の防御力も含む)によって、
効果量が変わるようになります。

打撃関係度の数値が大きいほど、
使用者の攻撃力が特殊技能の効果量に影響を与えます。

主人公の攻撃力が上がると共に、特殊技能の効果量も上げたい時には、
この打撃関係度の設定を1以上にしてください。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■精神関係度

使用者の精神力(攻撃時には対象者の精神力も含む)によって、
効果量が変わるようになります。

精神関係度の数値が大きいほど、
使用者の精神力が特殊技能の効果量に影響を与えます。

主人公の精神力が上がると共に、特殊技能の効果量も上げたい時には、
この精神関係度の設定を1以上にしてください。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■数値分散度

効果量をランダムにしたい時には、この数値分散度1以上にしてください。

数値分散度1増やすごとに±5%ずつ効果量の増減が発生します。

例えば数値分散度の設定が「4」の場合は「±20%」となり、
効果量が「100」の場合は、80〜120の間の効果量になります。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■基本効果量

効果量の基準となる値を設定します。

打撃関係度精神関係度数値分散度の全ての設定が「0」の場合は、
この基本効果量で設定された値がそのまま効果量になります。

※防御力や属性などの設定によって、
 実際に対象者へ与えるダメージ量などは変わります。



▲ページのトップへ戻る▲

  
■能力値低下/能力値上昇

低下する能力を設定します。

効果範囲[使用者][味方]の場合は、上昇になります。

低下する量(上昇する量)は、計算された効果量になります。

▼例
効果範囲「使用者」効果量「50」能力値上昇「HP」使用者のHPが50回復


▲ページのトップへ戻る▲

  
■基本成功率

特殊技能の成功率を「0〜100%」の間で設定します。

100%の設定にしても、打撃関係度が高く、
また相手の防御力も高い場合は、特殊技能が失敗する事もあります。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■状態変化/状態治療

変化する状態を設定します。

効果範囲[使用者][味方]の場合は、回復する状態を設定します。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■攻撃属性/防御属性

攻撃属性を設定します。

効果範囲[使用者][味方]の場合は、防御属性を設定します。

属性を設定する事で効果量に変化が発生します。

属性による効果量の変化は、データベース「属性」に設定されている
効果量変動率の設定によって変わります。

例えば、データベース「属性」効果量変動率が「50%」である場合、
元の効果量が「150」でしたら、実際の効果量は「75」になります。



[属性防御低下(上昇)]を設定しますと、
特殊技能を受けた対象者の効果量変動率の設定([A]〜[E])が変わります。



効果範囲[敵]の場合は、[E]→[D]、[D]→[C]と1段階上がり、
効果範囲[味方]の場合は、[A]→[B]、[B]→[C]と1段階下がります。

例えば、データベース「属性」効果量変動率が「[C](100%)」の場合、
敵に攻撃しますと「[C](100%)」から「[B](125%)」へと変わり、
もう一度同じ属性で攻撃した時には、より敵のダメージ量が増えます。

主人公の場合は、逆に「[C](100%)」から「[D](75%)」へと変わり、
その属性に対する敵からのダメージ量が減ります。

低下(上昇)は、初期状態から±1段階のみです。
[C]の場合、[B]〜[D]の間で変化します。

低下(上昇)した設定は、戦闘が終了しますと元の状態に戻ります。



なお、特殊技能の選択が出来ないトラブルが発生した場合は、
この属性設定に問題がある可能性があります。



このような状態になった場合は、以下の2つの原因が考えられます。
【特殊技能の選択ができない】
【スイッチがONになる特殊技能の選択ができない】


▲ページのトップへ戻る▲

  
■BGM

画面左下ののボタンをクリックしますと、BGMを聴くための画面が表示されます。




▲ページのトップへ戻る▲

  
■OK

データベースの現在の設定を保存して、データベースの画面を閉じます。

※保存しますと、古い設定に戻す事ができなくなりますので、注意してください。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■キャンセル

データベースの設定を保存しないで、データベースの画面を閉じます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■適用

データベースの現在の設定を保存します。

[OK]とは異なり、ボタンを押してもデータベースの画面は閉じません。

データベース内で何らかの設定を行った時のみ、この[適用]を選択する事ができます。


▲ページのトップへ戻る▲

  
■ヘルプ

この画面に関するヘルプが表示されます。


▲ページのトップへ戻る▲


◎関連ページ

●イベントコマンド:特殊技能の増減

●データベース「主人公」
●データベース「特殊技能」
●データベース「アイテム」
●データベース「敵キャラ」
●データベース「敵グループ」
●データベース「属性」
●データベース「状態」
●データベース「戦闘アニメ」
●データベース「地形」
●データベース「チップセット」
●データベース「用語」
●データベース「システム」
●データベース「コモンイベント」

YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール