RPGツクール2000/マップイベント
■魚影の表示
(更新:2012/03/03)


水の中に魚影を表示します。




☆グラフィックの準備
魚影のグラフィックをキャラセットとして準備してください。



↑の画像を使う場合は、画像の上で右クリック
名前を付けて画像を保存を選択してデスクトップなどに保存し、
ツクールの素材管理からCharSetとしてインポートしてください。



☆魚影の移動について
魚影の移動設定は移動ルート指定で行います。

これは水のマスでは通常の状態ではキャラクターの移動ができませんので、
移動ルートの設定すりぬけ開始を実行して、
移動不可の水のマスを移動させます。

移動ルートの設定は、
例えば下図のような地形で左右に行ったり来たりさせる場合は、
以下のように設定してください。

◇すりぬけ開始
◇左に移動
◇左に移動
◇右に移動
◇右に移動
◇右に移動
◇右に移動
◇左に移動
◇左に移動




移動ルートの設定ランダム移動を設定しますと、
水のマス以外のマスにも移動してしまいますので、
ランダム移動は設定しないでください。




☆魚影イベントの設定
水のマスの上に魚影用のマップイベントを設定してください。

■マップイベント「魚影」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラの下
アニメーションタイプ:通常/足踏みあり
グラフィック:魚影(半透明)
移動タイプ:移動ルート指定
移動頻度:
移動速度:1/8倍速
移動ルートの設定:水のマスに合わせて設定する
イベント実行内容は何も設定しません。



☆ランダムに移動する魚影イベント
ランダム移動を行う魚影イベントを設定します。

このイベントでは、定期的に並列処理するで処理し、
前方のマスが水のマスであるかどうかを地形IDを調べて、
水のマスであった時のみ移動します。

予め水のマスの地形番号を設定してください。
下記の設定例では、水のマスは地形ID9番以上とします。
【地形IDに関する説明ページを見る】



■マップイベント「魚影(ランダム移動)」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:定期的に並列処理する
プライオリティタイプ:通常キャラの下
アニメーションタイプ:通常/足踏みあり
グラフィック:魚影(半透明)
移動タイプ:移動しない
移動速度:1/8倍速
◆変数の操作:[0001:移動方向]代入,乱数[1〜4]
◆変数の操作:[0002:X座標]代入,このイベントのX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,このイベントのY座標
◆条件分岐:変数[0001:移動方向]が1
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,左を向く
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:移動方向]が2
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,右を向く
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:移動方向]が3
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,上を向く
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:移動方向]が4
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,下を向く
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆ウェイト:0.0秒
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0004:地形ID]
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9以上<前方のマスが水の地形IDの時
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,すりぬけ開始,一歩前進
 ◆ウェイト:1.0秒
 ◆ウェイト:0.0秒
 ◆ウェイト:0.0秒
 ◆ウェイト:0.0秒
 ◆
:分岐終了




条件分岐の中に設定しているウェイトは、
1/8倍速で移動した場合の移動時間に合わせて設定しています。
マップイベントの移動速度によってウェイトの設定時間が異なります。

▼1/8倍速
◆ウェイト:1.0秒
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒


▼1/4倍速
◆ウェイト:0.5秒
◆ウェイト:0.0秒


▼1/2倍速
◆ウェイト:0.2秒
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒


▼標準速
◆ウェイト:0.1秒
◆ウェイト:0.0秒


▼2倍速
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒
◆ウェイト:0.0秒


▼4倍速
◆ウェイト:0.0秒



複数のマップイベント「魚影(ランダム移動)」を設定する場合は、
単にマップイベントのコピー&貼り付けで設定できます。



☆補足
定期的に並列処理するのイベントが多くありますと、
処理落ちが発生しやすくなります。
既に別の定期的に並列処理するが動いているなどで処理が重い場合は、
ランダム移動型の魚影イベントの設定はお勧めできません。



多くの魚影イベントを設定する場合は、
ランダム移動型の魚影イベントだけでなく、
移動ルート指定型の魚影イベントも混ぜて設定するか、
移動ルート指定型の魚影イベントだけで設定した方が良いでしょう。



◎関連ページ
 ●地形IDについて


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール