RPGツクール2000/特殊技能・アイテム
■メダルをアイテム・お金に交換
(更新:2011/08/13)


ゲーム内で見つかったメダルを特定のキャライベントに渡すと、
その渡した数に応じてアイテムやお金が貰えるイベントを作成します。

キャライベントの作り方は、別ページにて紹介しています。
【キャライベントの作り方を見る】


▼タイトルをクリックしますとその位置にジャンプします。
タイトル 交換内容
メダル1枚で全回復アイテムと交換 メダル → アイテム
メダル3枚で全回復アイテムと交換 メダル → アイテム
メダルを1枚渡すごとに貰えるアイテムが変わる メダル → アイテム
メダルを3枚渡すごとに貰えるアイテムが変わる メダル → アイテム
指定したメダルの枚数になるとアイテムが貰える メダル → アイテム
メダル1枚で10Gと交換 メダル → お金
メダル10枚で300Gと交換 メダル → お金
メダルを渡すごとに受け取る金額が1.5倍に増える メダル → お金


  
☆メダル1枚で全回復アイテムと交換
メダルを渡すた度に、
全回復アイテム「ポケットシェルター」が貰えるイベントを作成します。

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ、メダル1枚につき、
 :  :『ポケットシェルター』を差し上げます。
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
 ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]代入,メダルの所持数
 ◆アイテムの増減:メダルを99減らす
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆文章:メダルを全て渡し、
 :  :『ポケットシェルター』を\v[1]個受け取った。
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルを見つけましたら、またお越し下さい。



  
☆メダル3枚で全回復アイテムと交換
メダルを渡し、3枚になる度に、
全回復アイテム「ポケットシェルター」が貰えるイベントを作成します。

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ、メダル3枚につき、
 :  :『ポケットシェルター』を差し上げます。
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
 ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]加算,メダルの所持数
 ◆アイテムの増減:メダルを99減らす
 ◆効果音の演奏:アイテム1
 ◆文章:メダルを全て渡した。
 ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が3以上
  ◆文章:メダルが3枚以上になりましたので、
  :  :『ポケットシェルター』をお渡しします。
  ◆変数の操作:[0002〜0003]代入,変数[0001]の値
  ◆変数の操作:[0002〜0003]除算,3
  ◆変数の操作:[0002:交換メダル数]乗算,3
  ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]剰余,3
  ◆効果音の演奏:あたり2
  ◆文章:メダル\v[2]枚分である、
  :  :『ポケットシェルター』を\v[3]個受け取った。
  ◆
 :分岐終了
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がON
 ◆文章:現在\v[1]枚を預かっています。
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルを見つけましたら、またお越し下さい。
◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする



  
☆メダルを1枚渡すごとに貰えるアイテムが変わる
メダルを1枚渡すごとにアイテムが貰え、
メダルを渡す度にアイテムの内容が変わるように設定します。
※5枚目以降はアイテムEが貰えるようにします。

メダル 貰えるアイテム
1枚目 アイテムA
2枚目 アイテムB
3枚目 アイテムC
4枚目 アイテムD
5枚目以降 アイテムE

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ、アイテムを差し上げます。
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
 ◆効果音の演奏:アイテム1
 ◆文章:メダルを全て渡した。
 ◆ラベルの設定:1番
 ◆条件分岐:メダルを持っている
  ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]加算,1
  ◆アイテムの増減:メダルを1減らす
  ◆効果音の演奏:あたり2
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が1<メダル1枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムA』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムAを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が2<メダル2枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムB』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムBを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が3<メダル3枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムC』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムCを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が4<メダル4枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムD』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムDを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が5以上<メダル5枚目以降で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムE』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムEを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルを見つけましたら、またお越し下さい。



  
☆メダルを3枚渡すごとに貰えるアイテムが変わる
メダルを1枚渡すごとにアイテムが貰え、
メダルを3枚渡す度にアイテムの内容が変わるように設定します。
※13枚目以降はアイテムEが貰えるようにします。

メダル 貰えるアイテム
1〜3枚目 アイテムA
4〜6枚目 アイテムB
7〜9枚目 アイテムC
10〜12枚目 アイテムD
13枚目以降 アイテムE

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ、アイテムを差し上げます。
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
 ◆効果音の演奏:アイテム1
 ◆文章:メダルを全て渡した。
 ◆ラベルの設定:1番
 ◆条件分岐:メダルを持っている
  ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]加算,1
  ◆アイテムの増減:メダルを1減らす
  ◆効果音の演奏:あたり2
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が3以下<メダル1〜3枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムA』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムAを1増やす
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が6以下<メダル4〜6枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムB』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムBを1増やす
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が9以下<メダル7〜9枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムC』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムCを1増やす
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が12以下<メダル10〜12枚目で渡すアイテム
   ◆文章:アイテム『アイテムD』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムDを1増やす
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆文章:アイテム『アイテムE』を受け取った。
  ◆アイテムの増減:アイテムEを1増やす
  ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルを見つけましたら、またお越し下さい。



  
☆指定したメダルの枚数になるとアイテムが貰える
メダルを渡し、指定した枚数になるごとにアイテムが貰えるように設定します。
※見つける事ができるメダルの枚数は30枚とします。

メダル 貰えるアイテム
3枚目の時 アイテムA
7枚目の時 アイテムB
13枚目の時 アイテムC
21枚目の時 アイテムD
30枚目の時 アイテムE

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆変数の操作:[0002:次の交換枚数]代入,3<最初のアイテムと交換できるメダルの枚数を設定
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂き、
 :  :一定の枚数になりましたらアイテムを差し上げます。
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
 ◆効果音の演奏:アイテム1
 ◆文章:メダルを全て渡した。
 ◆ラベルの設定:1番
 ◆条件分岐:メダルを持っている
  ◆変数の操作:[0001:メダルの枚数]加算,1
  ◆アイテムの増減:メダルを1減らす
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が3<メダル3枚目
   ◆効果音の演奏:あたり2
   ◆文章:アイテム『アイテムA』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムAを1増やす
   ◆変数の操作:[0002:次の交換枚数]代入,7
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が7<メダル7枚目
   ◆効果音の演奏:あたり2
   ◆文章:アイテム『アイテムB』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムBを1増やす
   ◆変数の操作:[0002:次の交換枚数]代入,13
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が13<メダル13枚目
   ◆効果音の演奏:あたり2
   ◆文章:アイテム『アイテムC』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムCを1増やす
   ◆変数の操作:[0002:次の交換枚数]代入,21
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が21<メダル21枚目
   ◆効果音の演奏:あたり2
   ◆文章:アイテム『アイテムD』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムDを1増やす
   ◆変数の操作:[0002:次の交換枚数]代入,30
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0001:メダルの枚数]が30<メダル30枚目
   ◆効果音の演奏:あたり2
   ◆文章:アイテム『アイテムE』を受け取った。
   ◆アイテムの増減:アイテムEを1増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0002:メダルの枚数]が30
 ◆文章:ありがとうごまいました。
 :  :おかげさまで全てのメダルを集める事ができました。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆変数の操作:[0003:不足数計算]代入,変数[0002]の値
◆変数の操作:[0003:不足数計算]減算,変数[0001]の値
◆文章:あとメダルを\v[3]枚をお持ち頂ければ、
:  :アイテムを差し上げます。
◆文章:メダルを見つけましたら、またお越し下さい。



  
☆メダル1枚で10Gと交換
メダルを渡す度に10Gが貰えるようにします。

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF(オプション:ON)
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ1枚10Gで買い取ります。
 ◆条件分岐:メダルを持っていない
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合<スイッチ[0001:初期設定]がONの時
 ◆条件分岐:メダルを持っていない
  ◆文章:メダルをお持ち頂ければ1枚10Gで買い取ります。
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
◆効果音の演奏:アイテム1
◆文章:メダルを全て渡した。
◆変数の操作:[0001〜0002]代入,メダルの所持数
◆変数の操作:[0002:受け取り金額]乗算,10
◆アイテムの増減:メダルを99減らす
◆所持金の増減:所持金をV[0002]増やす
◆文章:メダルを\v[1]枚お持ち頂いたので、
:   :\v[2]Gをお渡しします。



  
☆メダル10枚で300Gと交換
メダルを全て渡し、10枚になる度に300Gが貰えるようにします。
※9枚以下の場合は「預かり」になります。

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期設定]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期設定]をONにする
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ、
 :  :10枚ごとに300Gを差し上げます。
 ◆条件分岐:メダルを持っていない
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆ラベルの設定:1番
◆条件分岐:メダルを持っていない
 ◆文章:現在\v[1]枚のメダルを預かっています。
 ◆変数の操作:[0002:メダル処理用]代入,変数[0001]の値
 ◆変数の操作:[0002:メダル処理用]減算,10
 ◆変数の操作:[0002:メダル処理用]乗算,-1
 ◆文章:あと\v[2]枚をお持ち頂ければ、
 :  :300Gをお渡しします。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
◆効果音の演奏:アイテム1
◆文章:メダルを全て渡した。
◆変数の操作:[0001:預かり枚数]加算,メダルの所持数
◆アイテムの増減:メダルを99減らす
◆条件分岐:変数[0001:預かり枚数]が10以上
 ◆文章:メダルの預かりが10枚以上になりましたので、
 :  :お金をお渡しします。
 ◆変数の操作:[0002〜0003]代入,変数[0001]の値
 ◆変数の操作:[0002〜0003]除算,10
 ◆変数の操作:[0002:メダル処理用]乗算,10
 ◆変数の操作:[0003:受け取り金]乗算,300
 ◆文章:\v[2]枚分の金額である\v[3]Gを手に入れた。
 ◆所持金の増減:所持金をV[0004]増やす
 ◆変数の操作:[0001:預かり枚数]剰余,10
 ◆
:分岐終了
◆指定ラベルへ飛ぶ:1番



  
☆メダルを渡すごとに受け取る金額が1.5倍に増える
メダルを渡す度に受け取る金額が1.5倍に増えるように設定します。

メダル 計算式=受け取る金額
1枚目 10G
2枚目 10G×1.5倍=15G
3枚目 15G×1.5倍=22G
4枚目 22G×1.5倍=33G
5枚目 33G×1.5倍=49G

※小数点以下は切り捨てです。

■マップイベント「メダル交換所」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆条件分岐:変数[0001:買取金額]が0(オプション:ON)<初期設定が行われていない時
 ◆変数の操作:[0001:買取金額]代入,10<1枚目の買い取り金額を設定
 ◆文章:私はメダルを集めている者です。
 ◆文章:メダルをお持ち頂ければ\v[1]Gで買い取ります。
 ◆文章:買い取り金額はメダルを1枚売るごとに、
 :  :1.5倍ずつ上がります。
 ◆条件分岐:メダルを持っていない
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合<変数[0001:買取金額]が0以外の時
 ◆条件分岐:メダルを持っていない
  ◆文章:メダルをお持ち頂ければ\v[1]Gで買い取ります。
  ◆文章:買い取り金額はメダルを1枚売るごとに、
  :  :1.5倍ずつ上がります。
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆文章:メダルをお持ち頂いたようですね。
◆効果音の演奏:アイテム1
◆文章:メダルを全て渡した。
◆変数の操作:[0002〜0003]代入,0
◆ラベルの設定:1番
◆変数の操作:[0002:売った枚数]加算,1
◆変数の操作:[0003:受取金額]加算,変数[0001]の値
◆変数の操作:[0001:買取金額]乗算,15
◆変数の操作:[0001:買取金額]除算,10
◆アイテムの増減:メダルを1減らす
◆条件分岐:メダルを持っている
 ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
 ◆
:分岐終了
◆所持金の増減:所持金をV[0003]増やす
◆文章:メダル\v[2]枚で\v[3]Gになりました。
◆文章:次回は\v[1]Gで買い取り致します。




◎関連ページ
 ●キャライベントを作る
 ●宝箱を作る


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール