RPGツクール2000/その他
■2つの作品データを合体する
(更新:2007/07/28)


ツクールの制作は、一人に制作する事が多いですが、
大規模な作品を制作する場合やミニゲームを集めた作品を制作する場合、
または自作戦闘の部分だけを別の方が制作する場合など、
複数の人間が制作に関わる事もあります。
そんな時に役立つアドバイスをこのページにて紹介します。



☆合体時の注意
他の人との作品を合体させる時には、必ずバックアップを取りましょう。
バックアップは合体したあとも暫くの間は残しておく事をお勧めします。
合体はツクールのフォルダから行った方が良いでしょう。
ゲームディスクの作成を使ったファイルを開いて合体させますと、
上書きしたくないデータベースなどのファイルも、
間違えて上書きしてしまう可能性があるからです。



☆共有データ
複数のパソコンで作られたツクールのデータを合体させるためには、
必ず共有する部分を揃えておく必要があります。



■データベース
データベースにあります主人公、特殊技能、アイテム、敵キャラなどの設定は、
同じ設定で制作を行う必要があります。
なるべく初めの内に準備して、皆が同じ設定で制作した方が良いでしょう。

コモンイベントをイベントコマンド:イベントの呼び出しを使って呼び出している場合、
予めコモンイベントの番号を必要な人に割り当てておけば、
あとで合体させる時に割り当てた番号にイベントをコピーするだけで正常に処理されます。
【割り当ての設定例を見る】
コモンイベントのイベント設定を合体させる方法に関しては、後ほど紹介します。



■スイッチ・変数
スイッチや変数の番号は、必ず使い分ける必要があります。
共有する部分(時間を記憶する変数など)は、
予め使用する番号を決めておいた方が良いでしょう。
分かりやすく管理するためには、
0001〜0020番は共有部分。
0021〜0040番はAさん。
0041〜0060番はBさん。
0061〜0080番はCさん。
と言った感じに割り当てて、あとで必要に応じて20番単位で割り当てると、
見た目にも分かりやすく、管理しやすくなるでしょう。



■素材
初めから共有する素材を用意して渡していたり、
RTPの素材を使用している場合には問題ありませんが、
制作者ごとに独自の素材を用意して使用する場合は、
他の制作者の素材と素材ファイル名がかぶらないようにする事が大事です。
例えば制作者ごとにファイル名の頭に、
「A町の人」「B町の人」みたいな個人を認識する文字を付けておけば、
他の人の素材を書き換えてしまうようなトラブルは無くなるでしょう。



■マップツリー
マップツリーは、マップを制作する画面の左下にあるマップ名が書かれた部分です。
予め必要なマップを用意してから、各自に渡した方が良いかもしれません。
例えば、
□作品名
├MAP0001
│└MAP0002
└MAP0003

とMAP0001とMAP0002が階段状に並んでいる状態で、
MAP0002のBGM親マップ(MAP0001)と同じにしている場合、
もしも合体させた先の作品のマップツリーが、
□作品名
├MAP0001
└MAP0003
 └MAP0002

となっていますと、MAP0002のBGMMAP0003のBGMになってしまいます。
また、マップを各自で追加していきますと、
AさんとBさんが同じマップIDを作ってしまい、
あとでAさんのデータの上にBさんのデータを合体しますと、
Aさんのマップが上書きされてしまうトラブルが発生します。
マップツリーの管理はできるだけ一人の方が管理し、
その方からマップツリーのデータ+追加されたマップファイルを渡した方が良いでしょう。



☆ファイルの確認
ツクールの作品には、素材のフォルダの他に5種類のファイルが存在します。
合体の時の参考にしてください。
RPG_RT.exe(アプリケーションファイル)
このファイルは同じツクールのバージョンでしたら変わりませんので、
上書きしても問題ありません。
RPG_RT.ini(構成設定ファイル)
このファイルはプロジェクトを開くから作品を開いた時に、
自動的に更新するファイルなので、上書きしても問題ありません。
RPG_RT.lmt(LMTファイル)
マップツリーの状態を記憶するファイルです。
マップツリーの状態が同じ状態でしたら上書きしても問題ありません。
RPG_RT.ldb(LDBファイル)
上書きしますと、相手のスイッチや変数の名前なども変わります。
データを渡す時には削除しておく事をお勧めします。
Map0001.lmu(LMUファイル)
同じマップIDを使用していないかを確認した上で合体してください。



☆コモンイベントのデータだけを合体する
データベースの設定は上書きせず、コモンイベントのデータだけを合体させたい場合は、
合体用のマップを1つ作成してください。
合体用のマップは、渡す側、受け取る側の双方を同じマップIDにしてください。
そしてコモンイベントを合体用のマップのマップイベントに移動してください。
移動して保存しましたら、合体用のマップのファイルを渡してください。
(マップIDが「18」だったら、ファイル名「Map0018.lmu」を渡す)

合体用のマップを受け取りましたら、
合体用のマップからコモンイベントへイベントを移動してください。
これでデータベースのコモンイベントだけを合体させる事ができます。

合体させる時に必要となる条件(コモンイベントの位置、出現条件スイッチの設定)
がある場合は、コモンイベントのイベント実行内容の一番上に注釈で、
◆注釈:並列処理/スイッチ0001番
などと書いておけば、合体する時に間違えて設定する事も無くなるでしょう。


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール