RPGツクール2000/初心者
■遠景
(更新:2015/11/21)


☆遠景の基本
遠景(えんけい)ゲーム画面の一番下に表示される画像です。
この遠景の上に下層チップや主人公の画像などが表示されます。

遠景画像
下層チップ

遠景や下層チップを合体させてゲーム画面が表示されます。




遠景を表示するためには、透明な下層チップを設定する必要があります。




マップを制作している画面に遠景画像を表示したい時には、
遠景の画像サイズマップのピクセルサイズ一緒にする必要があります。


RTPの遠景の画像サイズは2種類あり、それぞれピッタリ合うマス数が異なります。
RTP画像名 画像サイズ マス数
異空間
宇宙
空1
空2
夜空1
夜空2
夜明け1
夜明け2
夕焼け1
夕焼け2
640×480ピクセル 40×30マス
惑星1
惑星2
惑星3
320×240ピクセル 20×15マス



オリジナルの遠景画像を使いたい時には、
素材管理のフォルダ「Panorama」に遠景画像をインポートしてください。
※インポート可能な画像サイズは、横80〜640×縦80〜480ピクセルです。
【素材管理に関するページを開く】


なお、作品データが入っているフォルダ内のフォルダ「Panorama」に直接画像を入れる事で、
規格外の大きな遠景画像を扱う事もできます。



☆遠景を設定する
遠景の設定はマップの設定にて行います。
マップを作成する画面の左下のマップツリーの中で、
遠景の設定を行いたいマップ名の上で右クリックマップの設定を選択してください。



マップの設定画面が表示されましたら、
画面上の「遠景を使用する」クリックしてチェックを入れてください。



「設定」のボタンをクリックしてください。



表示したい遠景画像を選択して、下の「OK」クリックしてください。



遠景画像をループさせたり、スクロールさせたりしたい時には、
オプションの設定を行ってください。


横方向のループ 遠景画像の左端と右端を繋げて、
主人公が遠景の画像サイズより長く移動したり、
遠景画像が自動スクロールしたりしても、
遠景画像が途切れないようにします。

ループを設定しない場合は、
マップの左端に遠景画像の左端を合わせ、
マップの右端に遠景画像の右端を合わせて表示されます。
縦方向にループ 遠景画像の上端と下端を繋げて、
主人公が遠景の画像サイズより長く移動したり、
遠景画像が自動スクロールしたりしても、
遠景画像が途切れないようにします。

ループを設定しない場合は、
マップの上端に遠景画像の上端を合わせ、
マップの下端に遠景画像の下端を合わせて表示されます。
自動スクロール 自動スクロールを設定しますと、
常に遠景画像がスクロールし続けます。
自動スクロールの所で設定する数値は、
スクロールの移動速度の設定です。
設定する数値をプラス(1 〜 8)にしますと、
右方向(下方向)へスクロールします。
逆にマイナス(-8 〜 -1)にしますと、
左方向(上方向)へスクロールします。
「縦:5、横:5」などと設定しますと、
斜めのスクロールになります。
スクロールの数値とキャラクターの移動速度との比較
0 スクロールしません
1 or -1 1/16倍速
2 or -2 1/8倍速
3 or -3 1/4倍速
4 or -4 1/2倍速
5 or -5 標準速
6 or -6 2倍速
7 or -7 4倍速
8 or -8 8倍速


最後に画面下の「OK」クリックして、設定完了です。




なお、「遠景を使用する」にチェックを入れた状態で、
遠景用の画像設定を行っていない場合は、
ゲーム画面の遠景部分は真っ黒な表示になります。

         




☆遠景と画面スクロールとの関係
主人公が移動して画面がスクロールした時の遠景の表示状態は、
マップの設定の遠景のオプション設定によって異なります。



横方向ループ ピクセルサイズ条件 動作イメージ
チェックあり なし
主人公の1マス移動(16ピクセル)
に対して、遠景は8ピクセル移動。
チェックなし 遠景のピクセルサイズが
マップのピクセルサイズ
同じそれ以上の場合

主人公の1マス移動(16ピクセル)
に対して、遠景は16ピクセル移動。
チェックなし 遠景のピクセルサイズが
マップのピクセルサイズ
より小さい場合

遠景が640ピクセル(40マス)で
マップが横80マスの場合。

遠景が640ピクセル(40マス)で
マップが横160マスの場合。
遠景の左端とマップの左端、
遠景の右端とマップの右端が揃うように遠景が移動するため、
マップの幅が広くなればなるほど、
主人公が1マス移動した時の遠景のスクロール量は少なくなります。



☆補足
現在いるマップの遠景画像を変えたい時には、
イベントコマンド:遠景の変更を使ってください。
※遠景を変更して別のマップへ移動して戻ってきますと、元の遠景画像に戻ります。



遠景はピクチャーとは異なり、連続的に画像の表示を書き替えても、
処理落ちが発生しにくくなっていますが、それでも連続表示は控えた方が良いでしょう。



◎関連ページ
 ●遠景
 ○遠景の活用例

 ●マップの設定


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール