RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド・バトル)
■画面のフラッシュ
(更新:2015/11/21)


画面のフラッシュは、設定された色に一瞬で画面が変わり、
設定された時間をかけて、元の画面へ戻ります。



▼動作イメージ


▼フラッシュ色
色の強さを設定します。
強さ(V)の設定は1以上にしないと、画面の変化がありません。
▼フラッシュにかける時間
設定された色に画面が一瞬で変わり、
このフラッシュにかける時間で設定されている時間をかけて、
徐々に元の画面へ戻ります。
「0」にしますと短すぎて画面の変化が見られません。
▼フラッシュが完了するまでウェイト
このオプションを設定しますと、
フラッシュにかける時間で設定されている時間の間だけ、
イベント処理がこの設定の所で止まり、
イベントコマンド:ウェイトと同じ効果が得られます。



☆補足
この画面のフラッシュは、
瞬間的に画面の色を変えるイベントコマンドです。
長い時間画面の色を変えておきたい時には、
イベントコマンド:画面の色調変更を使用してください。



画面のフラッシュは、画面上に1つの表示しかできません。
そのため、前の画面のフラッシュの処理が終わる前に、
次の画面のフラッシュを実行しますと、
古い画面のフラッシュの設定は強制終了します。



長いウェイトの画面のフラッシュを途中で強制終了したい時には、
◆画面のフラッシュ:(R00,G00.B00.V00),0.0秒
を実行しますと、画面上に1つの表示の仕様によって、
画面のフラッシュの処理が強制終了します。



戦闘アニメを表示している間にこの画面のフラッシュを実行しますと、
戦闘アニメの1フレーム分(60分の2秒)の時間しか表示されません。
これは戦闘アニメでも画面のフラッシュを設定する事ができ、
画面のフラッシュには画面上に1つの表示と言う仕様がありますので、
戦闘アニメと共に画面のフラッシュを実行する事ができません。



戦闘アニメを使っているなどで画面のフラッシュが使えない場合は、
イベントコマンド:画面の色調変更ピクチャーを使って、
擬似的に画面のフラッシュを作る必要があります。

▼画面の色調変更を使って画面のフラッシュ
◆画面の色調変更:(R200,G200,B200,S100),0.0秒
◆画面の色調変更:(R100,G100,B100,S100),0.5秒


▼ピクチャーを使って画面のフラッシュ
予め320×240ドットの単色の白いピクチャー画像を、
透明度:100%で表示しておいてください。
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),0.0秒(透明度:0%)
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),0.5秒
(透明度:100%)
赤や黄色のフラッシュを行う場合は、
色ごとに画像ファイルを用意しても良いですが、
白い画像を用意して、ピクチャーの移動を設定する時に、
赤や黄色に色調の設定を変えて表現する方法もあります。



◎関連ページ
 ●イベントコマンド:画面の色調変更
 ●イベントコマンド:ウェイト


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール