RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■ピクチャーの移動
(更新:2015/11/21)


ピクチャーの移動は、指定した位置へピクチャー画像を移動したり、
透明度や拡大率を変えたい時に使います。



▼ピクチャー番号
RPGツクール2000では1〜50番のピクチャー番号を設定する事が出来ます。
※体験版など、古いバージョンのRPGツクール2000では、
 1〜20番までしか設定する事ができません。
▼表示位置(中心座標)
ピクチャー画像の表示位置を設定します。
表示位置の基点となる位置は、画像の中心部分になります。
直接指定 ピクチャーを表示する位置を設定します。
変数で指定 変数の値でピクチャーを表示する位置を設定します。

設定範囲は、
X:-640〜960
Y:-480〜720
になります。

ピクチャーの表示位置は、
現在映っているゲーム画面の左上をX0、Y0として、
ピクセル単位で設定します。
【ピクチャーの表示位置に関する説明ページを見る】
▼拡大率
画像の拡大率を設定します。
画像の中心を基点に拡大縮小が実行されます。
設定範囲は0〜2000%です。
▼透明度
画像の透明度を設定します。
設定範囲は0〜100%で、
 0%=透明なし
100%=完全に透明
になります。
▼その他の表示属性
色調 「赤」「緑」「青」「彩度」を設定して、
表示する画像の色を変更します。
回転描画 画像を時計周りに回転させます。
設定される数値が大きくなりますと回転速度が上がります。
※反時計回りに回したり、
 回転の途中の状態で止めたりする事はできません。
波形描画 画像を波のように左右に揺らします。
▼移動にかける時間
設定しました表示位置への移動、
または拡大率や透明度、色調変化などを行う時間を設定します。
時間の設定を「0」にしますと、
一瞬にピクチャーの表示状態が変わります。

オプションにチェックを入れますと、
ピクチャーの移動が完了するまで、イベント処理が止まり、
イベントコマンド:ウェイトと同様の効果が得られます。



☆フェードイン・フェードアウト
ピクチャーの移動を使う事でピクチャーを表示する時、
またはピクチャーを消去する時に、
フェードイン・フェードアウトを実行する事ができます。

▼フェードイン
◆ピクチャーの表示:1,画像ファイル名,(160,120)(透明度:100)
◆ウェイト:0.1秒
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),1.0(W)
(透明度:0)

▼フェードアウト
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),1.0(W)(透明度:100)



◎関連ページ
 ●ピクチャーの表示位置に関して
 ●イベントコマンド:ピクチャーの表示
 ●イベントコマンド:ピクチャーの消去
 ●イベントコマンド:ウェイト


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール