RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■指定動作の全実行
(更新:2011/10/08)


指定動作の全実行
は、
イベントコマンド:キャラクターの動作指定で設定しました内容を、
実行させたい時に使います。

▼主人公が上に3歩移動する設定例
◆キャラクターの動作指定:主人公,上に移動,上に移動,上に移動
◆指定動作の全実行



指定動作の全実行が無い場合は、
イベント実行内容が終了した時点でキャラクターの動作指定が実行します。


定期的に並列処理するの場合は指定動作の全実行が無くても、
途中にウェイトなどの設定がありますと、
キャラクターの動作指定が実行されます。

また定期的に並列処理するの場合で指定動作の全実行を設定しても、
キャラクターの動作指定を実行中でも、
次のイベントコマンドの処理が実行されます。
次のイベントコマンドの処理が実行しないようにする場合は、
動作内容が全て実行できるくらいのウェイトを設定してください。
▼並列処理で主人公が上に3歩標準速で移動する場合の設定例
◆キャラクターの動作指定:主人公,上に移動,上に移動,上に移動
◆ウェイト:0.4秒




☆実行時の注意点
複数のキャラに対してキャラクターの動作指定が設定されている場合は、
この指定動作の全実行を実行する事で、
同時にキャラクターの動作指定を実行する事ができます。



イベント開始条件自動的に始まるなど、
定期的に並列処理する以外の処理で指定動作の全実行を実行した場合は、
全てのキャラクターの動作指定が実行し終わるまでは、
指定動作の全実行の次のイベントコマンドの処理に進みません。



移動できないマスに移動させようとしますと、
移動できないマスの手前で処理が停止し、フリーズした状態になります。
絶対に移動する必要がある場合は、移動前に「すりぬけ開始」を実行し、
移動できない時には特に移動する必要が無い場合は、
キャラクターの動作指定のオプション「移動できない場合は無視」に、
チェックを入れてください。



マップイベントの全てのページのイベント出現条件が、
満たされていない時(イベントが表示されていない時)に、
そのマップイベントに対してキャラクターの動作指定を設定して、
指定動作の全実行を実行しますと、
指定動作の全実行の実行時にフリーズが発生します。

この場合は、
出現していないイベントのキャラクターの動作指定を設定しないようにするか、
先にイベント出現条件を満たしてから指定動作の全実行を実行するか、
マップイベントの1ページ目にイベント出現条件が無いページを設定しておくか、
いずれかの対応が必要になります。



◎関連ページ
 ●イベントコマンド:キャラクターの動作指定
 ●イベントコマンド:指定動作の全解除
 ●イベントコマンド:ウェイト


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール