RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド・バトル)
■文章の表示
(更新:2015/11/21)


文章の表示は、ゲーム画面に文章を表示させたい時に使います。

▼設定画面


▼ゲーム画面




☆設定画面にある2本の線
文章の表示を設定する画面には2本の線が引いてあります。





■黄色い矢印の線について
黄色い矢印が指している線は表示できる限界を示しています。
この線を越えて文字を設定しても越えた部分の文字は表示されません。

▼この場合はピンク色の部分は表示されません。


▼実際の表示画面


では、なぜ文章が表示されない部分があるのか?

文章の表示では制御文字と言う特殊な文字を使用する事ができます。
この制御文字を使用しますと、表示する文字の色を変えたりする事ができます。
【制御文字に関する説明を見る】

この制御文字文章の表示画面には表示されませんので、
例えば文字の色を変える制御文字「\c」を以下のように設定した場合…


\c[4]\c[0]の部分は表示されませんのでゲーム画面では…

と表示されます。

逆に、\V[1]で変数の値を表示したり、
\N[1]で主人公の名前を表示したりする場合は、
呼び出される文字数に合わせて文章が長くなりますので例えば…


と設定した場合、主人公の名前が長いと表示範囲を超えてしまいます。
▼表示結果※最後の「!」が欠けています。


変数の値や主人公の名前を表示する時には、
呼び出す文字の文字数に注意が必要です。



■赤い矢印の線について


赤い矢印が指している線は、
顔グラフィックを表示した時文章が表示できる限界を示しています。
線を越えて制御文字以外の文字を設定しますと、
線を越えた分の文字は表示されなくなります。

例えば、

と設定した場合、顔グラフィックを表示した時には、
最後の「と」の部分が表示されなくなります。




☆他のイベントコマンドとの合わせ技
文章の表示と共に他のイベントコマンドを設定する事で、
特殊な文章の表示を行う事ができます。



■文章オプション変更
イベントコマンド:文章オプションの変更を設定する事で、
文章ウインドウを透明にしたり、表示する位置を変えたりする事ができます。
▼設定例
◆文章オプション変更:透明,下,自動,イベント移動禁止
◆文章:オレは「アレックス」だ!
▼表示結果
文章オプションの変更は一度設定しますと、エンディングまで設定が継続します。
元の設定に戻したい時には、再び文章オプションの変更で元に戻してください。



■顔グラフィック
イベントコマンド:顔グラフィックの設定を設定する事で、
文章ウインドウに顔グラフィックを表示する事ができます。
▼設定例
◆顔グラフィックの設定:主人公1,1,左,反転なし
◆文章:オレは「アレックス」だ!
▼表示結果
顔グラフィックの設定を設定しますと、
そのイベントが終了する所まで(イベント実行内容の最後まで)
顔グラフィックの表示設定が継続します。

次の文章の表示で顔グラフィックを表示したくない時には、
顔グラフィックの設定消去の設定を行ってください。



■選択肢の表示
文章の表示のすぐ下にイベントコマンド:選択肢の表示を設定する事で、
文章ウインドウの中に選択肢を表示する事ができます。
▼設定例
◆文章:オレは「アレックス」だ!
◆選択肢の表示:その通りだ/絶対違う
:[その通りだ]の場合
 ◆
:[絶対違う]の場合
 ◆
:分岐終了
▼表示結果

選択肢と一緒に表示する場合は、
文章の表示の行数選択肢の行数を合わせて4行以内にする必要があります。

例えば、
◆文章:オレは「アレックス」だ!
:  :そう思うだろ?
◆選択肢の表示:その通りだ/絶対違う/無言
:[その通りだ]の場合
 ◆
:[絶対違う]の場合
 ◆
:[無言]の場合
 ◆
:分岐終了

と設定しますと「文章の表示2行選択肢3行5行」になりますので、
文章の表示選択肢の表示は別々の文章ウインドウで表示されます。



■数値入力の処理
文章の表示のすぐ下にイベントコマンド:数値入力の処理を設定する事で、
文章ウインドウの中に数値入力を設定する事ができます。
▼設定例
◆文章:数値を入力して下さい。
◆数値入力の処理:1桁,[0001]
▼表示結果

数値入力の処理と一緒に表示する時には、
数値入力の処理の表示で1行使用しますので、
文章の表示の行数を3行以内にする必要があります。



■ピクチャーの表示
イベントコマンド:ピクチャーの表示を使用する事で、
オリジナルの文章ウインドウを表示したり、
半透明の文章ウインドウを表示する事ができます。
▼オリジナルウインドウの設定例
◆文章オプション変更:透明,下,固定,イベント移動禁止
◆顔グラフィックの表示:一般1,14,左,反転なし
◆ピクチャーの表示:1,waku(160,200)
◆文章:【謎の女】
:  :また来たのね。
▼表示結果

詳しい設定方法などは↓のページをご覧ください。
【オリジナルの文章ウインドウを表示】



■効果音の演奏
イベントコマンド:効果音の演奏を使用する事で、
ボイス演出を追加する事ができます。
▼設定例
◆効果音の演奏:こんにちわ
◆文章:こんにちわ!
◆効果音の演奏:OFF
※ボイスの演奏が終わる前に文章ウインドウを閉じた時に、
 ボイスの演奏が途中で終わるようにするために、
 文章の表示の後には、効果音をOFFにする設定を行っています。




☆仕様:できない事
文章の表示では、仕様上の問題からできない事があります。

■強制的にウインドウを閉じる
キー待ちとなっている文章ウインドウを強制的に閉じる事はできません。

■場所移動の実行
文章ウインドウを表示中にイベントコマンド:場所移動の実行はできません。
同様にイベントコマンド:記憶した場所へ移動の実行もできません。

■ピクチャーの実行
文章ウインドウを表示中は、
ピクチャーの表示ピクチャーの移動の実行はできません。

■1文字表示ごとに効果音
文字を1文字表示するごとに、効果音を鳴らすような演出はできません。
但し、10文字を表示する時には、10回連続で鳴る効果音。
15文字を表示する時には、15回連続で鳴る効果音と言った感じに、
表示する文字数に合わせて効果音のファイルを用意して、
文章を表示する前に演奏すれば、一応は実現可能です。

■顔グラフィックのアニメーション
文章ウインドウに一緒に表示される顔グラフィックに、
まばたきなどのアニメーションを設定する事はできません。

一応戦闘アニメを使えば実現は可能ですが、文章を表示中に別のイベントにて、
常に戦闘アニメを表示し続ける必要があり、あまり実用的ではありません。

■上下に同時表示
文章ウインドウを2つ以上同時に表示する事はできません。

もしもこのような演出を行いたい時には、
セリフごとにピクチャーの画像を用意して、
セリフが変わるごとにピクチャーの画像を変えていくような設定が必要です。



☆文字の色について
文章ウインドウに表示される文字の色は、
システムグラフィックに設定されている色で表示されます。

システムグラフィックは、データベース「システム」にて設定します。


ゲームの途中でシステムグラフィックを変えたい時には、
イベントコマンド:システムグラフィックの変更を使用します。

システムグラフィックの文字色には、
0〜19番の色番号が付けられています。


文章ウインドウでは、初期設定で0番の色で文字が表示されますので、
それ以外の色で文字を表示したい時には、
制御文字「\c」を使用して色を変えます。
▼設定例
◆文章:\c[4]こんにちわ!
▼表示結果


選択肢の表示と一緒に表示する場合で、
文章の表示で文字の色を変えていますと、
選択肢の表示でも文章の表示同じ色になります。
▼設定例
◆文章:\c[4]こんにちわ!
◆選択肢の表示:挨拶する/無視する
:[挨拶する]の場合
 ◆
:[無視する]の場合
 ◆
:分岐終了
▼表示結果

選択肢は通常の色(色番号0番)で表示したい時には、
文章の最後に元の色に戻す設定を置いてください。
▼設定例
◆文章:\c[4]こんにちわ!\c[0]
◆選択肢の表示:挨拶する/無視する
:[挨拶する]の場合
 ◆
:[無視する]の場合
 ◆
:分岐終了
▼表示結果



◎関連ページ
 ●オリジナルの文章ウインドウを表示
 ●半透明の文章ウインドウを表示
 ●文章の表示で立ち絵を表示
 ●2回目以降の文章表示は瞬間表示
 ●2人が会話している演出を顔グラフィックで行う
 ●制御文字と外字
 ●システムグラフィック
 ●イベントコマンド:文章オプション変更
 ●イベントコマンド:顔グラフィックの設定
 ●イベントコマンド:選択肢の表示
 ●イベントコマンド:数値入力の処理
 ●イベントコマンド:システムグラフィックの変更
 ●イベントコマンド:ピクチャーの表示
 ●イベントコマンド:効果音の演奏


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール