RPGツクール2000/主人公・パーティー・乗り物
■会話を行って仲間を増やす
(更新:2015/11/21)


マップイベントと会話を行って、
新しい主人公がパーティーへ加わるイベントの作り方を紹介します。



☆会話を行って主人公をパーティーへ加える

イベント編集モードにします。



仲間になる主人公のイベントを置きたいマスの上で、
右クリック → イベントの作成を選択します。
※ダブルクリックでもイベントを作成する事ができます。



イベントエディタの画面が表示されましたら、
まずは仲間にしたいキャラクターの画像を設定します。

画面左にあるグラフィック設定クリックします。
すると画面中央に画像を選択する画面が表示されます。

グラフィックがあるファイル名を選択し、
さらに使用したいキャラクターの画像を選択してください。

画像を選択しましたら、OKクリックしてください。



イベント実行内容は以下のように設定します。
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了




画面上のページの新規作成クリックして、2ページ目を用意してください。



2ページ目は、パーティーに仲間が加わった後に表示するページなので、
グラフィックの設定は透明にします。
グラフィック設定クリックし、チップセット1を選択してください。
そして画像一覧の左上にあるピンク色の画像を選択して、OKクリックしてください。



2ページ目のイベント出現条件主人公〜がいるを設定します。
このイベント出現条件を設定する事によって、
1ページ目で主人公「ブライアン」がパーティーへ加わりますと、
2ページ目が出現してゲーム画面上の主人公のグラフィックが消えると共に、
1ページ目のパーティーへ加えるイベントが実行できなくなります。
※マップイベントのページはページ番号の大きい方が優先的に表示されるので、
 2ページ目が表示され続けている限り、1ページ目が出現する事はありません。




最後にイベントエディタ画面の下にあるOKクリックして設定完了です。


▼動作イメージ




☆新しい仲間の名前をプレイヤーが設定する
仲間にする主人公の名前をプレイヤーが自由に付けられるようにしたい時には、
イベントコマンド:名前入力の処理を使います。
仲間に加えるイベントを以下のように変更してください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆名前入力の処理:ブライアン
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「\n[2]」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:\n[2]がパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


*補足*
文章の設定にある「\n[2]」の設定は、主人公2番の名前を表示する制御文字です。
【制御文字に関するページを開く】



☆仲間に加えた主人公が途中でいなくなる場合
シナリオの関係上、パーティーへ加えた主人公が途中でいなくなる場合、
2ページ目のイベント出現条件主人公にしておきますと、
途中で主人公を外した時に1ページ目の仲間にするイベントが出現してしまいます。
出現しても問題がなければこのままでも良いのですが、
もしも1ページ目の主人公を仲間にするイベントが再び現れて欲しくない時には、
スイッチを使用してください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆スイッチの操作:[0001:ブライアンが仲間]をONにする
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


▼2ページ目のイベント出現条件
主人公「ブライアン」がいるの設定を消去して、
スイッチ[0001:ブライアンが仲間]がONを設定してください。




☆パーティー人数を調べてから仲間へ加える
既にパーティー内に4人の主人公がいる状態で、
イベントコマンド:メンバーの入れ替えを実行してもその設定は無効となり、
その主人公を仲間に加える事ができません。
そこで変数を使って現在のパーティー人数を調べ、パーティー人数が4人である時には、
別の会話イベントが実行されるように設定します。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆変数の操作:[0001:パーティー人数]代入,パーティー人数
◆条件分岐:変数[0001:パーティー人数]が4<パーティー人数が4人の時
 ◆文章:【謎の男】
 :  :たくさんの仲間がいますね〜。
 ◆文章:【謎の男】
 :  :3人以下だったら仲間に加わっても
 :  :良かったんですけどな。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了

◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了




☆2回目以降の会話を変える
一度会話を行って、再び会話を行った時の会話の内容を変えたい時には、
以下のようにイベントを追加してください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆条件分岐:スイッチ[0002:会話済み]がOFF(オプション:ON)
 ◆文章:【謎の男】
 :  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
 :  :だったら一緒に倒しに行かないか?
 ◆スイッチの操作:[0002:会話済み]をONにする
 ◆
:それ以外の場合<スイッチ[0002:会話済み]がON
 ◆文章:【謎の男】
 :  :やあ、こんにちわ!
 :  :オレの力が必要なら仲間になるけど。
 ◆
:分岐終了

◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


さらに一度仲間にした主人公がパーティーから外れて、
再び仲間にする時の会話を変えたい時に、以下のように設定してください。
※仲間にする主人公のデータベース「主人公」の名前は、
 「謎の男」にしておいてください。


▼1ページ目のイベント実行内容
◆条件分岐:スイッチ[0002:仲間済み]がOFF(オプション:ON)
 ◆文章:【\n[2]
 :  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
 :  :だったら一緒に倒しに行かないか?
 ◆スイッチの操作:[0002:会話済み]をONにする
 ◆
:それ以外の場合
 ◆文章:【\n[2]
 :  :やあ、こんにちわ!
 :  :オレの力が必要なら仲間になるけど。
 ◆
:分岐終了
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0003:過去の仲間]がOFF(オプション:ON)
  ◆主人公の名前変更:謎の男の名前をブライアンに変更
  ◆文章:【謎の男】
  :  :オレの名前は「\n[2]」だ。
  :  :よろしくな。
  ◆スイッチの操作:[0003:過去の仲間]をONにする
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆文章:【\n[2]】
  :  :またよろしくな。
  ◆
 :分岐終了
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:\n[2]を加える
 ◆文章:\n[2]がパーティーに加わりました。
 ◆スイッチの操作:[0001:ブライアンが仲間に]をONにする
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【\n[2]
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了




☆パーティーにいる主人公のレベルに合わせる『2人目』
仲間にする2人目の主人公のレベルを、
パーティーにいる主人公のレベルと一緒にしたい時には、
以下のイベントを追加してください。
※新しく加える主人公のデータベース「主人公」の初期レベルは「1」にしてください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :よろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆条件分岐:アレックスのレベルが2以上
  ◆変数の操作:[0001:現在のレベル]代入,アレックスのレベル
  ◆変数の操作:[0001:現在のレベル]減算,1
  ◆レベルの増減:ブライアンのレベルをV[0001]上げる
  ◆全回復:ブライアンを全回復する
  ◆
 :分岐終了

 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了




☆パーティーにいる主人公のレベルに合わせる『3人目』
仲間にする3人目の主人公のレベルを、
パーティーにいる主人公2人の平均レベルに合わせたい時には、
以下のイベントを追加してください。
※新しく加える主人公のデータベース「主人公」の初期レベルは「1」にしてください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆文章:【謎の女】
:  :あなた達も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くの?
:  :だったら一緒に倒しに行かない?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の女】
 :  :私の名前は「キャロル」。
 :  :よろしくね。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:キャロルを加える
 ◆文章:キャロルがパーティーに加わりました。
 ◆変数の操作:[0001〜0002]代入,アレックスのレベル
 ◆変数の操作:[0001〜0002]加算,ブライアンのレベル
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]除算,2
 ◆変数の操作:[0002:四捨五入の計算]剰余,2
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]加算,変数[0002]の値
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]減算,1
 ◆レベルの増減:キャロルのレベルをV[0001]上げる
 ◆全回復:キャロルを全回復する

 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の女】
 :  :そう…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてね。
 ◆
:分岐終了




☆パーティーにいる主人公のレベルに合わせる『4人目』
仲間にする4人目の主人公のレベルを、
パーティーにいる主人公3人の平均レベルに合わせたい時には、
以下のイベントを追加してください。
※新しく加える主人公のデータベース「主人公」の初期レベルは「1」にしてください。

▼1ページ目のイベント実行内容
◆文章:【謎の女】
:  :君達も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くんだ。
:  :だったら一緒に倒しに行かない?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆文章:【謎の女】
 :  :私の名前は「デイジー」って言うの。
 :  :よろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:デイジーを加える
 ◆文章:デイジーがパーティーに加わりました。
 ◆変数の操作:[0001〜0002]代入,アレックスのレベル
 ◆変数の操作:[0001〜0002]加算,ブライアンのレベル
 ◆変数の操作:[0001〜0002]加算,キャロルのレベル
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]除算,3
 ◆変数の操作:[0002:四捨五入の計算]剰余,3
 ◆変数の操作:[0002:四捨五入の計算]除算,2
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]加算,変数[0002]の値
 ◆変数の操作:[0001:増やすレベル]減算,1
 ◆レベルの増減:デイジーのレベルをV[0001]上げる
 ◆全回復:デイジーを全回復する

 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の女】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたら声をかけてね。
 ◆
:分岐終了




◎関連ページ
 ●選択肢を使って簡易パーティー編成
 ●イベントコマンド:名前入力の処理


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール