RPGツクール2000/主人公・パーティー・乗り物
■選択肢に主人公の名前を表示する
(更新:2015/11/21)


イベントコマンド:選択肢の表示を使って、
パーティー内にいる主人公の名前を表示するイベントの作り方を紹介します。



今回は選択肢で選択した主人公の経験値100増やすイベントを作成します。



☆特定の主人公の名前を選択肢に表示
決められた主人公の名前を選択肢に表示させます。

選択肢に主人公の名前を表示する時には、制御文字\n[主人公の番号]を使います。
【制御文字に関する説明のページを見る】

選択肢に直接「アレックス」などと主人公の名前を設定する方法もありますが、
イベントコマンド:名前入力の処理を使用して、
プレイヤーがオリジナルの名前を付けている時には、
制御文字\n[主人公の番号]を使用して主人公の名前を表示させる必要があります。

▼設定例
◆選択肢の表示:\n[1]/\n[2]/\n[3]/\n[4]
:[\n[1]]の場合
 ◆経験値の増減:主人公01の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[2]]の場合
 ◆経験値の増減:主人公02の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[3]]の場合
 ◆経験値の増減:主人公03の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[4]]の場合
 ◆経験値の増減:主人公04の経験値を100増やす
 ◆
:分岐終了


主人公の番号データベース「主人公」の番号になります。




☆パーティーメンバーが不特定な場合
ストーリーの分岐やパーティー編成などで、
パーティー内にいる主人公の内容が決まっていない時の設定例です。

今回の設定ではパーティー内の主人公の番号を変数へ代入するを利用して、
パーティー内にいる主人公の番号を変数に代入して、
その情報を基に選択肢に主人公の名前を表示させます。
【パーティー内の主人公の番号を変数へ代入するのページを見る】

パーティー内の主人公の番号を変数へ代入するのイベントを設定して、
黄色の文字の部分を追加してください。

◆変数の操作:[0001:変数番号]代入,11
◆変数の操作:[0011〜0014]代入,0
◆条件分岐:主人公01がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,1
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公02がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,2
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公03がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,3
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公04がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,4
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公05がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,5
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公06がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,6
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了

◆選択肢の表示:\n[\v[11]]/\n[\v[12]]/\n[\v[13]]/\n[\v[14]]
:[\n[\v[11]]]の場合
 ◆経験値の増減:V[0011]の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[\v[12]]]の場合
 ◆経験値の増減:V[0012]の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[\v[13]]]の場合
 ◆経験値の増減:V[0013]の経験値を100増やす
 ◆
:[\n[\v[14]]]の場合
 ◆経験値の増減:V[0014]の経験値を100増やす
 ◆
:分岐終了




☆パーティーメンバーもパーティー人数も不特定な場合
パーティー内の人数が1人だったり4人だったりと決められた人数ではない時は、
パーティー内の人数に合わせて選択肢を用意する必要があります。

◆変数の操作:[0001:変数番号]代入,11
◆変数の操作:[0011〜0014]代入,0
◆条件分岐:主人公01がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,1
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公02がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,2
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公03がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,3
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公04がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,4
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公05がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,5
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公06がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,6
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了

◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4<パーティー内に4人いる場合(オプション:ON)
 ◆選択肢の表示:\n[\v[11]]/\n[\v[12]]/\n[\v[13]]/\n[\v[14]]
 :[\n[\v[11]]]の場合
  ◆経験値の増減:V[0011]の経験値を100増やす
  ◆
 :[\n[\v[12]]]の場合
  ◆経験値の増減:V[0012]の経験値を100増やす
  ◆
 :[\n[\v[13]]]の場合
  ◆経験値の増減:V[0013]経験値を100増やす
  ◆
 :[\n[\v[14]]]の場合
  ◆経験値の増減:V[0014]の経験値を100増やす
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合<パーティー内が3人以下である時
 ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が3<パーティー内に3人いる場合(オプション:ON)
  ◆選択肢の表示:\n[\v[11]]/\n[\v[12]]/\n[\v[13]]
  :[\n[\v[11]]]の場合
   ◆経験値の増減:V[0011]の経験値を100増やす
   ◆
  :[\n[\v[12]]]の場合
   ◆経験値の増減:V[0012]の経験値を100増やす
   ◆
  :[\n[\v[13]]]の場合
   ◆経験値の増減:V[0013]経験値を100増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :それ以外の場合<パーティー内が2人以下である時
  ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が2<パーティー内に2人いる場合(オプション:ON)
  ◆選択肢の表示:\n[\v[11]]/\n[\v[12]]
   :[\n[\v[11]]]の場合
    ◆経験値の増減:V[0011]の経験値を100増やす
    ◆
   :[\n[\v[12]]]の場合
    ◆経験値の増減:V[0012]の経験値を100増やす
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :それ以外の場合<パーティー内に1人しかいない時
   ◆経験値の増減:V[0011]の経験値を100増やす
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了




◎関連ページ
 ●選択肢を使って簡易パーティー編成
 ●パーティー内の主人公の番号を変数へ代入する


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール