RPGツクール2000/マップイベント
宝箱を作る
■アイテムを持っていると宝箱が開く
(更新:2015/11/28)


特定のアイテムを持っている時に宝箱を調べますと、宝箱が開くように設定します。
アイテムを持っていない時には、宝箱が開けられない事を文章でプレイヤーに知らせます。

このページは続きとなっているページです
宝箱イベントの基礎ページをご覧の上で
このページをご覧ください。
【宝箱イベントの基礎ページを開く】



まずデータベース「アイテム」にて、
宝箱のカギ」と言うアイテムを作成してください。
種別:通常物品
値段の設定などは自由に行ってください。
もしも店で売れないようにする場合は、値段を「0」にしてください。



宝箱イベントを改良してください。

なお、設定例では宝箱を開ける度にアイテム「宝箱のカギ」を1つ消耗します。
もしも何度使用してもアイテム「宝箱のカギ」が無くならないようにする場合は、
◆アイテムの増減:宝箱のカギを1減らす
の設定は行わないようにしてください。

■マップイベント「宝箱01」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが閉まっている宝箱の絵
◆条件分岐:宝箱のカギを持っている(オプション:ON)
 ◆効果音の演奏:開ける1<条件分岐の中に移動する
 ◆文章:アイテム「宝箱のカギ」を使った。
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,右を向く,上を向く,左を向く(移動頻度5)
 ◆指定動作の全実行
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆文章:\c[4]ポーション\c[0]を手に入れた。
 ◆アイテムの増減:ポーションを1増やす
 ◆アイテムの増減:宝箱のカギを1減らす<一度使用するとカギが無くなる場合は設定する
 ◆スイッチの操作:[0001:宝箱01]をONにする
 ◆
:それ以外の場合<アイテムを持っていない時
 ◆効果音の演奏:開ける2<カギがかかっているイメージを演出する効果音
 ◆文章:鍵がかかっていて開かない。
 ◆
:分岐終了



▼2ページ目
イベント出現条件:スイッチ[0001:宝箱01]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが開いている宝箱の絵

イベント実行内容は何も設定しません。



☆アイテムを使うかどうかを選択肢で訊ねる
アイテム「宝箱のカギ」を持っている時に、
アイテム「宝箱のカギ」を使って宝箱を開くかどうかを
プレイヤーに訊ねる選択肢が表示されるように改良します。

■マップイベント「宝箱01」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが閉まっている宝箱の絵
◆条件分岐:宝箱のカギを持っている(オプション:ON)
 ◆文章:「宝箱のカギ」を使って宝箱を開きますか?<追加する
 ◆選択肢の表示:使用する/使用しない
 :[使用する]の場合
  ◆
 :[使用しない]の場合
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :キャンセルの場合
  ◆イベント処理の中断
  ◆
 :分岐終了

 ◆効果音の演奏:開ける1
 ◆文章:アイテム「宝箱のカギ」を使った。
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,右を向く,上を向く,左を向く(移動頻度5)
 ◆指定動作の全実行
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆文章:\c[4]ポーション\c[0]を手に入れた。
 ◆アイテムの増減:ポーションを1増やす
 ◆アイテムの増減:宝箱のカギを1減らす
 ◆スイッチの操作:[0001:宝箱01]をONにする
 ◆
:それ以外の場合
 ◆効果音の演奏:開ける2
 ◆文章:鍵がかかっていて開かない。
 ◆
:分岐終了


▼2ページ目
イベント出現条件:スイッチ[0001:宝箱01]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが開いている宝箱の絵

イベント実行内容は何も設定しません。



◎関連ページ
 ●宝箱を作る
 ○持っているアイテムに合わせて中身を変える
 ┣○取得するアイテムをランダムにする
 ┣○宝箱を前からしか開けられないようにする
 ┣○パーティーが3人以上いる時に宝箱が開く
 ┣○アイテムを持っていると宝箱が開く
 ┣○アイテムを宝箱の前で使うと宝箱が開く
 ┗
○宝箱の取得数(取得率)を表示


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール