RPGツクール2000/マップイベント
宝箱を作る
■アイテムを宝箱の前で使うと宝箱が開く
(更新:2015/11/28)


特定のアイテムを宝箱に向かって使用すると、宝箱が開くように設定します。


このページは続きとなっているページです
宝箱イベントの基礎ページをご覧の上で
このページをご覧ください。
【宝箱イベントの基礎ページを開く】



☆宝箱の前でアイテムを使用すると宝箱が開く

まずデータベース「アイテム」にて、
宝箱のカギ」と言うアイテムを作成してください。
種別:スイッチ
使用回数:無制限
ONにするスイッチ:[0002:宝箱のカギ]
使用可能な場面:フィールド
※値段を1以上にしますと、お店で売却ができるようになります。



今回の処理では、アイテムを使用している所が、
宝箱の前なのかどうかを調べるイベントが必要になります。
もしも宝箱の前の場合は、宝箱の1ページ目を呼び出します。

宝箱イベントを設定する前に、
宝箱を設置するマップIDマス座標を調べておいてください。
【マップIDの確認方法を見る】
【マス座標の確認方法を見る】
今回は、
マップID:1
X座標:10
Y座標:8

の場所に宝箱があるとします。


イベントはコモンイベントに設定してください。

■コモンイベント「宝箱のカギを使用」
イベント開始条件:自動的に始まる
出現条件スイッチ:[0002:宝箱のカギ]
◆スイッチの操作:[0002:宝箱のカギ]をOFFにする
◆現在の場所を記憶:[0001],[0002],[0003]
◆条件分岐:主人公が左を向いている<主人公の1歩前の座標にする
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:マップID]が1<宝箱のあるマップID
 ◆条件分岐:変数[0002:X座標]が10<宝箱のあるX座標
  ◆条件分岐:変数[0003:Y座標]が8<宝箱のあるY座標
   ◆イベントの呼び出し:宝箱01[1]
   ◆イベント処理の中断
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆文章:主人公の前に宝箱がありません。

イベントコマンド:イベントの呼び出しを設定する時には、
 設定するマップを表示している状態でデータベースを開き、
 コモンイベントを設定を行ってください。
 設定後に別のマップを表示してコモンイベントを開きますと
 別のマップのイベント名、もしくは「?」が表示される事がありますが、
 イベントはそのままでも正常に動きます。



宝箱イベントを以下のように改良してください。

■マップイベント「宝箱01」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが閉まっている宝箱の絵
◆条件分岐:決定キーでこのイベントを開始した<直接宝箱を調べた時
 ◆文章:カギがかかっていて開かない。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:スイッチ[0001:宝箱01]がON<既に宝箱が開いている時にアイテムを使用した時
 ◆文章:既に宝箱が開いています。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了

◆効果音の演奏:開ける1
◆キャラクターの動作指定:このイベント,右を向く,上を向く,左を向く(移動頻度5)
◆指定動作の全実行
◆効果音の演奏:あたり2
◆文章:\c[4]ポーション\c[0]を手に入れた。
◆アイテムの増減:ポーションを1増やす
◆スイッチの操作:[0001:宝箱01]をONにする


▼2ページ目
イベント出現条件:スイッチ[0001:宝箱01]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが開いている宝箱の絵

イベント実行内容には何も設定しません。



☆宝箱の前でアイテムを使用すると宝箱が開く+向き
上の☆宝箱の前でアイテムを使用すると宝箱が開くで作成しましたイベントでは、
宝箱の後ろからでもアイテム「宝箱のカギ」を使用すると宝箱を開きます。
これを宝箱の正面からしか開けられないように改良します。

宝箱イベントを以下のように改良してください。

■マップイベント「宝箱01」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが閉まっている宝箱の絵
◆条件分岐:決定キーでこのイベントを開始した
 ◆文章:カギがかかっていて開かない。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:スイッチ[0001:宝箱01]がON
 ◆文章:既に宝箱が開いています。
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている(オプション:ON)<宝箱の方を向いている時
 ◆効果音の演奏:開ける1
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,右を向く,上を向く,左を向く(移動頻度5)
 ◆指定動作の全実行
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆文章:\c[4]ポーション\c[0]を手に入れた。
 ◆アイテムの増減:ポーションを1増やす
 ◆スイッチの操作:[0001:宝箱01]をONにする
 
:それ以外の場合<宝箱の正面では無い時
 ◆文章:この方向には鍵穴が無い。
 ◆
:分岐終了



▼2ページ目
イベント出現条件:スイッチ[0001:宝箱01]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
アニメーションタイプ:向き固定/足踏みなし
グラフィック:フタが開いている宝箱の絵

イベント実行内容には何も設定しません。



◎関連ページ
 ●宝箱を作る
 ○持っているアイテムに合わせて中身を変える
 ┣○取得するアイテムをランダムにする
 ┣○宝箱を前からしか開けられないようにする
 ┣○パーティーが3人以上いる時に宝箱が開く
 ┣○アイテムを持っていると宝箱が開く
 ┣○アイテムを宝箱の前で使うと宝箱が開く
 ┗
○宝箱の取得数(取得率)を表示


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール