RPGツクール2000/システム
歩くと実行するイベント
■森を歩くと○○が回復する
(更新:2008/10/18)


森を歩くとMPが回復したり、状態変化が回復したり、
特定の主人公のみのHPが回復したりするイベントの作り方を紹介します。

このページでは、歩くと実行するイベントを使っています。
【歩くと実行するイベントを紹介しているページを見る】



☆HPの回復に関して
森を歩くとパーティー全員のHPが回復する設定を行いたい時には、
データベース「地形」の設定にて、ダメージの設定をマイナス値にしてください。
これだけの設定で特別なイベント設定が無くても、
主人公が森の中を歩く度にパーティー全員のHPが回復します。

特定のアイテムを持っている時だけHPが回復するようにしたり、
特定の主人公のみのHPが回復するようにしたい時には、
データベース「地形」でのダメージの設定は行わずに、
これから紹介するイベントの設定を行ってください。

なお、装備している時に森の中を歩くと、
HPが回復するような設定を行いたい時には、
装備して歩くとHP回復のページに書かれているイベント設定を行ってください。
【装備して歩くとHP回復のページを開く】



☆準備
歩くと実行するイベントを使って主人公が歩いたかどうかを確認します。
歩いた時には、イベントコマンド:指定位置の地形ID取得を使って、
次のマスの地形IDを調べ、次のマスが森だった時には、
設定されている回復イベントを実行します。

イベントを設定する前に、
として設定している地形IDデータベース「地形」にて確認してください。
【地形IDに関する説明を見る】

今回の設定では、地形ID2番森のマスとしてイベントを設定します。



☆イベントを設定する
イベントの設定は、世界マップなどの限られたマップでしか使わない時には、
そのマップのどこかにイベントを設定してください。

いくつものマップでイベントを使用する時には、
コモンイベントにイベントを設定してください。

■コモンイベント
イベント開始条件:定期的に並列処理する
◆変数の操作:[0001:現在のXY]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0001:現在のXY]乗算,1000
◆変数の操作:[0001:現在のXY]加算,主人公のY座標
◆条件分岐:変数[0001:現在のXY]がV[0002]と同値<同じ座標である(移動していない)
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆変数の操作:[0002:前のXY]代入,変数[0001]の値
◆変数の操作:[0003:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0004:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0003],V[0004]),[0005:地形ID]
◆条件分岐:変数[0005:地形ID]が2<森の地形IDである時
 ◆〜回復するイベントを設定〜
 ◆
:分岐終了




☆イベントを追加する
この、
◆条件分岐:変数[0005:地形ID]が2
 ◆
:分岐終了

の中にイベントを追加する事で、
様々な条件、様々な回復内容を作る事ができます。

■パーティーに特定の人物がいる
◆条件分岐:変数[0005:地形ID]が2
 ◆条件分岐:森の妖精がパーティーにいる
  ◆〜回復するイベントを設定〜
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了


■アイテムを持っている
◆条件分岐:変数[0005:地形ID]が2
 ◆条件分岐:森の恵みを持っている
  ◆〜回復するイベントを設定〜
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了


■回復する確率を設定
◆条件分岐:変数[0005:地形ID]が2
 ◆変数の操作:[0006:乱数]代入,乱数[0〜4]
 ◆条件分岐:変数[0006:乱数]が0<5分の1の確率で回復を実行
  ◆〜回復するイベントを設定〜
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了


アイディア次第で様々なイベントを作る事ができるでしょう。



☆補足
応用として逆にダメージを受けるような設定も可能です。
例えば、歩く度にMPが徐々に減っていく設定や、
一定の確率でダメージ(HP減少や状態変化の実行)を受ける設定などです。
さらに特定のアイテムを持っていれば、
ダメージを受けなくなるような設定もできます。



◎関連ページ
 ●歩くと実行するイベント
 ●装備して歩くとHP回復


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール