RPGツクール2000/システム
ドラホコ(主人公を列にして歩かせる)を作る
■ツルツル床を追加
(更新:2015/12/19)


YADOTのドラホコツルツル床を追加します。




このページは応用ページです
このページは応用ページであり、
基礎ページドラホコ(主人公を列にして歩かせる)を作るになります。
【ドラホコ(主人公を列にして歩かせる)を作るのページを開く】

まず基礎ページのイベントを設定して頂き、問題なく動いた後に、
このページで紹介している改良を行った方が良いでしょう。

基礎ページと同じイベント設定は、この色で表示しています。



☆ツルツル床とは?
ツルツル床とは、先頭の主人公が床の上に乗ると、
足踏みのアニメーションをせずに、
自動的に向いている方向へ進んでいく処理の事を言います。


後続キャラの移動は、通常の移動処理とは別に、
足踏みを行わない(アニメ停止)の移動処理で動かします。

ツルツル床のマスであるかどうかの判断は、地形IDを調べて判断します。

今回はツルツル床を設定したあとに、
・乗ると左方向へ移動する床
・乗ると右90度に移動方向が変わる床
の設定方法も紹介します。
ツルツル床
強制左移動
右90度方向回転



☆ツルツル床の下層チップを準備
データベース「地形」にて、ツルツル床用の地形番号を準備してください。
強制的に左へ移動する床移動方向が90度回転する床も設定する場合は、
ツルツル床とは別に地形番号を準備してください。

今回の設定例では、
地形番号7番:ツルツル床
地形番号8番:ツルツル床:左
地形番号9番:ツルツル床:90度
としています。



データベース「チップセット」の画面を開き、
ツルツル床にしたい下層チップツルツル床の地形番号を設定してください。
強制左移動右90度回転も必要でしたら地形番号を設定してください。


設定が終わりましたら、画面下の[OK]をクリックして、
データベースの設定を終了してください。


あとはツルツル床にしたいマスツルツル床の下層チップを設定してください。

雪原の下層チップ別の下層チップを設定しますと、緑色の部分が出てしまいます。
別の下層チップを設定する時にShiftキーを押しながら設定しますと、
緑色の部分を出さずに設定する事ができます。
通常に設定
Shiftを押して設定



☆スイッチ・変数
スイッチと変数の番号使用内容の一覧表です。
この色は途中で方向転換を行う処理の中で使用します。

スイッチ
番号 名前 使用内容
0001 ドラホコ配置確認 マップ内にドラホコ用のイベントがあるかどうかを調べます。
0002 ドラホコ初期設定 初期設定を行うイベントを起動します。
0003 フェードイン不要 OFFの時には、後続キャラの配置後にフェードインを実行。
0004 乗り物に乗っている 乗り物に乗るとON。※乗り物が登場する作品のみ必要
0008 ツルツル床を実行 ツルツル床に乗ったらON。
0011 ドラホコ起動中 後続キャラを動かすためのイベントを起動します。

変数
番号 名前 使用内容
0001 マップID 現在のマップIDを記憶。
0002 X座標 後続キャライベントを主人公の位置へ移動する時に使用。
0003 Y座標 後続キャライベントを主人公の位置へ移動する時に使用。
0004 XY 主人公の現在位置を設定。
0005 パーティー人数 現在のパーティー人数を代入します。
0008 地形ID ツルツル床の地形IDを読み取る時に使用。
0010 キー入力 途中での方向転換を行う場合に使用します。
 
0011 マップID2 現在のマップIDを記憶し、変数0001番と比較。
0012 XY2 主人公の現在位置を設定し、変数0004番と比較。
0013 向き 2人目 2人目の移動方向を設定。
0014 向き 3人目 3人目の移動方向を設定。
0015 向き 4人目 4人目の移動方向を設定。
0019 移動中ウェイト ツルツル床の移動が完了するまでのウェイトを設定。



☆ドラホコシステム
コモンイベント「ドラホコシステム」にツルツル床の処理を追加します。

※主人公を対象にしたキャラクターの動作指定の設定には、
 オプション:移動できない場合は無視チェックを入れてください。


■コモンイベント「ドラホコシステム」
イベント開始条件:定期的に並列処理する
出現条件スイッチ:[0011:ドラホコ起動中]
◆変数の操作:[0011:マップID2]代入,主人公のマップID
◆条件分岐:変数[0001:マップID]がV[0011]以外
 ◆スイッチの操作:[0001:ドラホコ配置確認]をONにする
 ◆スイッチの操作:[0011:ドラホコ起動中]をOFFにする
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:小型船に乗っている
 ◆スイッチの操作:[0004:乗り物に乗っている]をONにする
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:大型船に乗っている
 ◆スイッチの操作:[0004:乗り物に乗っている]をONにする
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:飛行船に乗っている
 ◆スイッチの操作:[0004:乗り物に乗っている]をONにする
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:スイッチ[0004:乗り物に乗っている]がON
 ◆スイッチの操作:[0003:フェードイン不要]をONにする
 ◆スイッチの操作:[0002:ドラホコ初期設定]をONにする
 ◆スイッチの操作:[0011:ドラホコ起動中]をOFFにする
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]減算,1
◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]<主人公のマスのID取得
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7(オプション:ON)<主人公がいるマスがツルツル床の地形番号の時
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下<前の移動が終了している時
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進<足踏みを停止して前進
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合<ツルツル床(地形番号7番)ではない時
 ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON<今までツルツル床に乗っていた時
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開<足踏みを再開します
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了

◆注釈:------------------------------
:  :主人公の移動確認
:  : 

◆変数の操作:[0012:XY2]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0012:XY2]乗算,1000
◆変数の操作:[0012:XY2]加算,主人公のY座標
◆条件分岐:変数[0004:XY]がV[0012]以外
 ◆変数の操作:[0004:XY]代入,変数[0012]の値
 ◆注釈:------------------------------
 :  :後続キャラの移動
 :  : 

 ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が99以下(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が2<設定位置を移動
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ再開,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が4
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ再開,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が6
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ再開,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が8
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ再開,上に移動
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :それ以外の場合
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が102
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ停止,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が104
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ停止,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が106
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ停止,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0013:向き 2人目]が108
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ2人目,アニメ停止,上に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆注釈:------------------------------
 ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が99以下(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が2<設定位置を移動
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ再開,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が4
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ再開,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が6
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ再開,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が8
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ再開,上に移動
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :それ以外の場合
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が102
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ停止,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が104
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ停止,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が106
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ停止,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0014:向き 3人目]が108
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ3人目,アニメ停止,上に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆注釈:------------------------------
 ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が99以下(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が2<設定位置を移動
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ再開,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が4
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ再開,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が6
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ再開,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が8
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ再開,上に移動
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :それ以外の場合
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が102
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ停止,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が104
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ停止,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が106
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ停止,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0015:向き 4人目]が108
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ4人目,アニメ停止,上に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0015:向き 4人目]代入,変数[0014]の値
 ◆変数の操作:[0014:向き 3人目]代入,変数[0013]の値
 ◆変数の操作:[0013:向き 2人目]代入,主人公の向き
 ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON<先頭の主人公がツルツル床に乗っている時
  ◆変数の操作:[0013:向き 2人目]加算,100
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]代入,7
<主人公の移動中はツルツル床処理を止める
 ◆
:分岐終了




☆馬車を設定している場合
馬車を設定している場合は、以下のような設定が必要です。
◆条件分岐:スイッチ[0005:マップ内に馬車あり]がON
 ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が99以下(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が2<設定位置を移動
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が4
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が6
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が8
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,上に移動
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :それ以外の場合
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が102
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,下に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が104
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が106
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,右に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0016:向き 馬車]が108
   ◆キャラクターの動作指定:ドラホコ馬車,上に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆

 :分岐終了
 ◆条件分岐:変数[0005:パーティー人数]が1
  ◆変数の操作:[0016:向き 馬車]代入,主人公の向き
  ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON
   ◆変数の操作:[0016:向き 馬車]加算,100
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了
 ◆条件分岐:変数[0005:パーティー人数]が2
  ◆変数の操作:[0016:向き 馬車]代入,変数[0013]の値
  ◆ 
 :分岐終了
 ◆条件分岐:変数[0005:パーティー人数]が3
  ◆変数の操作:[0016:向き 馬車]代入,変数[0014]の値
  ◆
 :分岐終了
 ◆条件分岐:変数[0005:パーティー人数]が4
  ◆変数の操作:[0016:向き 馬車]代入,変数[0015]の値
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了




☆強制的に移動する床イベントを追加
主人公が乗ると強制的に移動する床の設定を行います。
設定は、注釈「主人公のツルツル処理」の所に設定します。

■強制的に左に移動
地形番号8番のマスに主人公が乗ったら、
強制的に左へ移動するイベントを設定します。

◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7(オプション:ON)
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合
 ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8(オプション:ON)<主人公がいるマスが強制左移動の地形番号の時
  ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :それ以外の場合<主人公がツルツル床ではないマスにいる時
  ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON<設定位置を移動
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了

 ◆
:分岐終了




■強制的に90度回転して移動
地形番号9番のマスに主人公が乗ったら、
右に90度回転して移動するイベントを設定します。

◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7(オプション:ON)
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合
 ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が9(オプション:ON)<主人公がいるマスが90度回転の地形番号の時
  ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に90度回転,一歩前進
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :それ以外の場合<主人公がツルツル床ではないマスにいる時
  ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON<設定位置を移動
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了

 ◆
:分岐終了




■複数の強制移動を設定
左移動だけでなく、右移動も欲しい時、
右90度回転だけでなく、左90度回転も欲しい時には、
それぞれ異なる地形番号を準備すれば設定する事ができます。

▼地形番号の設定例
地形番号8番:左移動
地形番号9番:右移動
地形番号10番:左90度回転移動
地形番号11番:右90度回転移動

▼イベント設定例1
◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7(オプション:ON)
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合
 ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に移動
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :それ以外の場合

  ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が9(オプション:ON)
   ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
    ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
    ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に移動
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :それ以外の場合

   ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が10(オプション:ON)
    ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
     ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に90度回転,一歩前進
     ◆
    :分岐終了
    ◆
   :それ以外の場合

    ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が11(オプション:ON)
     ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
      ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
      ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に90度回転,一歩前進
      ◆
     :分岐終了
     ◆
    :それ以外の場合
     ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON
      ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
      ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
      ◆
     :分岐終了

     ◆
    :分岐終了
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆
:分岐終了


▼イベント設定例2
条件分岐の設定を工夫したバージョンです。
処理結果は上記の設定と同じですが、
強制移動の床の種類(地形番号の数)が4個以上ある時には、
こちらの方がイベント内容が見やすく、多少の処理落ち軽減にも繋がりそうです。
但し、強制移動用の地形番号が連番ではない時には、上記の設定になります。
◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7(オプション:ON)
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合
 ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8以上(オプション:ON)
  ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が11以下(オプション:ON)<地形番号が12以上がある時には必要
   ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
    ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8
     ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に移動
     ◆
    :分岐終了
    ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が9
     ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に移動
     ◆
    :分岐終了
    ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が10
     ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に90度回転,一歩前進
     ◆
    :分岐終了
    ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が11
     ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に90度回転,一歩前進
     ◆
    :分岐終了
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :それ以外の場合
   ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON
    ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
    ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON
   ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了

 ◆
:分岐終了


データベース[地形]の地形番号が11番までしか無い時には、
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が11以下
の設定は不要になりますので、
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8以上(オプション:ON)
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が8
と言った形で設定しても問題ありません。



☆ツルツル移動中に方向キーを押して方向転換
基礎設定では、主人公がツルツル床の乗りますと、
ツルツル床が終わるか、障害物にぶつかるまでは、同じ方向に移動し続けます。

これをツルツル移動中に方向キーを押す事で、
移動方向を変える事ができるようにしたい時には、
注釈「主人公のツルツル処理」の所の設定を以下のように変えてください。
※方向転換は左90度か右90度のみであり、逆方向への移動はできません。

◆注釈:------------------------------
:  :主人公のツルツル処理
:  : 

◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0008:地形ID]
◆条件分岐:変数[0008:地形ID]が7
 ◆条件分岐:変数[0019:移動中ウェイト]が0以下
  ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をONにする
  ◆条件分岐:主人公が上を向いている
   ◆キー入力の処理:[0010:キー入力](左・右/オプション:OFF)
   ◆
  :それ以外の場合
   ◆条件分岐:主人公が下を向いている
    ◆キー入力の処理:[0010:キー入力](左・右/オプション:OFF)
    ◆
   :それ以外の場合
    ◆キー入力の処理:[0010:キー入力](上・下/オプション:OFF)
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :分岐終了
  ◆条件分岐:変数[0010:キー入力]が0(オプション:ON)<方向キーを押してない(向きそのまま)の時
   ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,一歩前進<設定位置を移動
   ◆
  :それ以外の場合<方向キーを押した時
   ◆条件分岐:変数[0010:キー入力]が2以下
    ◆条件分岐:変数[0010:キー入力]が1
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,下に移動
     ◆
    :それ以外の場合
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,左に移動
     ◆
    :分岐終了
    ◆
   :それ以外の場合
    ◆条件分岐:変数[0010:キー入力]が3
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,右に移動
     ◆
    :それ以外の場合
     ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ停止,上に移動
     ◆
    :分岐終了
    ◆
   :分岐終了
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了
 ◆
:それ以外の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0008:ツルツル床を実行]がON
 ◆スイッチの操作:[0008:ツルツル床を実行]をOFFにする
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,アニメ再開
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了




☆キャラクターの動作指定を使っているために
ツルツル床の処理内に主人公の強制移動を行うための、
キャラクターの動作指定が設定されていますので、
他のイベントで主人公を操作するキャラクターの動作指定は、
設定しないようにしてください。


ツルツル床のマスツルツル床が終わるマスに、
イベント開始条件:主人公から触れたとき
のマップイベントを置いても、ツルツル移動直後には処理されません。
これもキャラクターの動作指定を使っている事が原因になります。


キャラクターの動作指定で主人公を移動させていますので、
ツルツル床の移動時には通常のエンカウントは無効となり、敵は出現しません。



☆補足
ハシゴ処理斜め階段処理の地形番号が設定されている下層チップのマスと、
このツルツル床処理繋げて設定しないようにしてください。


全体の移動速度が1段階速い場合(2倍速で移動)は、
◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]代入,7
の設定を、
◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]代入,3
に変えてください。

逆に全体の移動速度が1段階遅い場合(1/2倍速で移動)は、
◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]代入,7
の設定を、
◆変数の操作:[0019:移動中ウェイト]代入,15
に変えてください。



◎関連ページ
 ●ドラホコ(主人公を列にして歩かせる)を作る
 ○並び替えに対応させる
 ┣○カンオケの表示を行う
 ┣○馬車を追加
 ┣○ハシゴ処理を追加
 ┣○斜め階段処理を追加
 ┣○ツルツル床を追加
 ┗
○追尾システムを追加

 ●ドラホコとは?


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール