RPGツクール2000/演出
主人公の上に吹き出しを表示(マップイベント型)
■主人公の上に吹き出しを表示(マップイベント移動型)
(更新:2016/02/20)


主人公の上にマップイベントで作られた吹き出しを表示するイベントを作成します。



今回作成する吹き出しを表示するイベントは、主人公が移動しても、
その主人公の移動に合わせて吹き出しイベントも移動するものです。



☆画像の準備
吹き出しの画像を用意してください。
画像は素材管理のフォルダ「CharSet」へインポートしてください。

この吹き出し画像を使う場合は、
画像の上で右クリック名前を付けて画像を保存を選択し、
デスクトップなどへ保存してインポートしてください。



☆マップイベントの設定
吹き出しを表示するマップイベントを作成します。

マップイベントの左下の設定は、以下のように設定してください。

移動速度は、主人公の移動速度と同じ速度にしてください。
※主人公の初期の移動速度は「標準速」です。

移動ルート設定には、すりぬけ開始を設定してください。


イベント実行内容は以下のように設定してください。
◆変数の操作:[0001:主人公位置XY]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0001:主人公位置XY]乗算,1000
◆変数の操作:[0001:主人公位置XY]加算,主人公のY座標
◆変数の操作:[0003:現在のマップID]代入,主人公のマップID
◆条件分岐:変数[0004:現在の前マップID]がV[0003]以外<別のマップへ移動した
 ◆変数の操作:[0004:現在の前マップID]代入,主人公のマップID
 ◆変数の操作:[0002:主人公前位置XY]代入,変数[0001]の値
 ◆変数の操作:[0005:X座標]代入,主人公のX座標
 ◆変数の操作:[0006:Y座標]代入,主人公のY座標
 ◆変数の操作:[0006:Y座標]減算,1<主人公の1マス上の座標にする
 ◆イベントの位置を設定:このイベント,(V[0005],V[0006])<主人公の1マス上へ移動
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0002:主人公前位置XY]がV[0001]と同値<移動していない
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆変数の操作:[0002:主人公前位置XY]代入,変数[0001]の値
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,上に移動
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,右に移動
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,下に移動
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が左を向いている
 ◆キャラクターの動作指定:このイベント,左に移動
 ◆
:分岐終了


以上で設定完了です。



☆補足
吹き出しの内容を変えたい時には、1ページ目をページのコピーをクリックして、
ページの貼り付けをクリックし、2ページ目を作成してください。
そして、2ページ目のイベント出現条件を設定し、グラフィックを変えれば、
イベント出現条件に合わせて表示する吹き出しの内容を変える事ができます。



吹き出しを表示するイベントは、イベントごとコピーして、
必要なマップへ貼り付けてください。
この吹き出しを表示するイベントは、別のマップから移動してきますと、
自動的に主人公の頭上へ移動するように設定されています。



主人公の移動時に、ほんのちょっとだけ吹き出しの移動が遅れます。
これは主人公が移動した事を確認したあとに、
吹き出しイベントを移動するようになっているため、
どうしても吹き出しの移動開始が遅れてしまいます。
仕様と言う事でご了承ください。



時々吹き出しを表示したいけど、常に表示する必要がない場合は、
1ページ目のグラフィックを透明にして、
2ページ目にイベント出現条件を設定して、吹き出し画像を設定してください。
このようにしますと、透明な状態でも常に主人公の頭上にイベントがありますので、
イベント出現条件を設定するだけで、いつでも吹き出しを表示する事ができます。



◎関連ページ
 ●主人公の上に吹き出しを表示(マップイベント型)
 ●主人公の上に吹き出しを表示(戦闘アニメ型)
 ●主人公の上に吹き出しを表示(ピクチャー型)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール