RPGツクール2000/演出
数字画像の表示
■ピクチャー/表示完了型(1枚に数字1個)
(更新:2009/11/07)


ピクチャーを使って数字画像を表示します。
このページの数字表示では、表示完了型で紹介しています。
【他の数字画像の表示方法を見る】





☆ピクチャー1枚に数字を1個or複数
ピクチャー1枚に数字を1つ設定する方法と、
ピクチャー1枚に数字を複数設定する方法があります。
▼1枚に数字1個

▼1枚に数字4個


ピクチャー1枚につき数字1個の方は、
イベント設定が大きくなり、使用するピクチャーの数も多くなりますが、
イベントの処理構造は比較的簡単なので、
初心者でも楽にイベントを設定する事ができるでしょう。

ピクチャー1枚につき数字4個、または10個の方は、
イベント設定は小さく、使用するピクチャーの数も少なくなりますが、
イベントの処理構造は少々難しくなり、初心者向きではありません。

  1枚に数字1個 1枚に数字4個 1枚に数字10個
イベント設定量 多い 少ない 少ない
イベント設定難易度 比較的簡単 少々難しい 少々難しい
ピクチャー使用枚数 1桁で10枚 1桁で3枚 1桁で1枚
拡大率変動 × ×
インポート ×

このページでは、ピクチャー1枚で数字1個の設定方法を紹介します。
【ピクチャー1枚で数字4個のページを開く】
【ピクチャー1枚で数字10個のページを開く】



☆画像の準備
ピクチャー(Picture)として数字画像を用意してください。
【10枚まとめてダウンロード】



☆表示位置の確認
今回は、画面の右上に数字画像を表示します。
横12×縦32ドットの数字画像で5桁を表示する場合は、
下図のような表示位置になります。

万の位:X259 Y17
千の位:X272 Y17
百の位:X285 Y17
十の位:X298 Y17
一の位:X311 Y17

3桁の表示設定の場合は、
◆変数の操作:[X]代入,285<百の位の表示位置に合わせる
◆変数の操作:[Y]代入,17
〜百の位の表示処理〜
◆変数の操作:[X]加算,13<13ドット右へ移動して十の位の表示位置に合わせる
〜十の位の表示処理〜
◆変数の操作:[X]加算,13<13ドット右へ移動して一の位の表示位置に合わせる
〜一の位の表示処理〜

と言った設定になります。



☆変数の設定
変数は全体で使用する2個の変数1桁に付き1個の変数を使います。
全体で使用する変数には、ピクチャーの表示位置を設定します。

位ごとの数字に分ける処理は以下のように設定します。
■1桁表示
変数0001番の値が表示する数字になります。
※変数の値は0〜9の間である必要があります。

■2桁表示
◆変数の操作:[0001〜0002]代入,〜2桁の数字〜
◆変数の操作:[0002:十の位]除算,10
◆変数の操作:[0001:一の位]剰余,10

※2桁の数字は0〜99の間である必要があります。

■3桁表示
◆変数の操作:[0001〜0003]代入,〜3桁の数字〜
◆変数の操作:[0003:百の位]除算,100
◆変数の操作:[0002:十の位]除算,10
◆変数の操作:[0001〜0002]剰余,10
※3桁の数字は0〜999の間である必要があります。
※〜3桁の数字〜を主人公のHPにすれば、
 主人公のHPを表示する設定になります。


■4桁表示
◆変数の操作:[0001〜0004]代入,〜4桁の数字〜
◆変数の操作:[0004:千の位]除算,1000
◆変数の操作:[0003:百の位]除算,100
◆変数の操作:[0002:十の位]除算,10
◆変数の操作:[0001〜0003]剰余,10
※4桁の数字は0〜9999の間である必要があります。

■5桁表示
◆変数の操作:[0001〜0005]代入,〜5桁の数字〜
◆変数の操作:[0005:万の位]除算,10000
◆変数の操作:[0004:千の位]除算,1000
◆変数の操作:[0003:百の位]除算,100
◆変数の操作:[0002:十の位]除算,10
◆変数の操作:[0001〜0004]剰余,10
※5桁の数字は0〜99999の間である必要があります。

初めに代入する数字がマイナスである場合は、
乗算,-1を実行して、プラスの値にする必要があります。
▼設定例(2桁表示の場合)
◆変数の操作:[0001〜0002]代入,〜2桁の数字〜
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が-1以下
 ◆変数の操作:[0001〜0002]乗算,-1
 ◆
:分岐終了

◆変数の操作:[0002:十の位]除算,10
◆変数の操作:[0001:一の位]剰余,10




☆表示イベントの設定
表示イベントでは、1桁の表示につきピクチャー番号を10個使います。
3桁表示の場合は、
一の位の「0」:ピクチャー番号1番
一の位の「1」:ピクチャー番号2番
一の位の「2」:ピクチャー番号3番
一の位の「3」:ピクチャー番号4番
一の位の「4」:ピクチャー番号5番
一の位の「5」:ピクチャー番号6番
一の位の「6」:ピクチャー番号7番
一の位の「7」:ピクチャー番号8番
一の位の「8」:ピクチャー番号9番
一の位の「9」:ピクチャー番号10番
十の位の「0」:ピクチャー番号11番
十の位の「1」:ピクチャー番号12番
十の位の「2」:ピクチャー番号13番
十の位の「3」:ピクチャー番号14番
十の位の「4」:ピクチャー番号15番
十の位の「5」:ピクチャー番号16番
十の位の「6」:ピクチャー番号17番
十の位の「7」:ピクチャー番号18番
十の位の「8」:ピクチャー番号19番
十の位の「9」:ピクチャー番号20番
百の位の「0」:ピクチャー番号21番
百の位の「1」:ピクチャー番号22番
百の位の「2」:ピクチャー番号23番
百の位の「3」:ピクチャー番号24番
百の位の「4」:ピクチャー番号25番
百の位の「5」:ピクチャー番号26番
百の位の「6」:ピクチャー番号27番
百の位の「7」:ピクチャー番号28番
百の位の「8」:ピクチャー番号29番
百の位の「9」:ピクチャー番号30番

と言った感じに30個のピクチャー番号を使います。

ピクチャーの表示位置の設定は、変数を使って設定します。
変数を使う事によって、表示位置の微調整などが簡単に行えます。

■1桁を表示する設定
◆条件分岐:スイッチ[0001:初期表示]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:初期表示]をONにする
 ◆ピクチャーの表示:1,suuji_0,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:2,suuji_1,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:3,suuji_2,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:4,suuji_3,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:5,suuji_4,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:6,suuji_5,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:7,suuji_6,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:8,suuji_7,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:9,suuji_8,(160,120)(透明度:100%)
 ◆ピクチャーの表示:10,suuji_9,(160,120)(透明度:100%)
 ◆
:分岐終了
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:2,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:3,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:4,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:5,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:6,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:7,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:8,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:9,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆ピクチャーの移動:10,(160,120),0.0秒(透明度:100%)
◆変数の操作:[0001:一の位]代入,〜1桁の数字〜
◆変数の操作:[0009:X表示位置]代入,311
◆変数の操作:[0010:Y表示位置]代入,17
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が0
 ◆ピクチャーの移動:1,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が1
 ◆ピクチャーの移動:2,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が2
 ◆ピクチャーの移動:3,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が3
 ◆ピクチャーの移動:4,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が4
 ◆ピクチャーの移動:5,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が5
 ◆ピクチャーの移動:6,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が6
 ◆ピクチャーの移動:7,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が7
 ◆ピクチャーの移動:8,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が8
 ◆ピクチャーの移動:9,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0001:一の位]が9
 ◆ピクチャーの移動:10,(V[0009],V[0010]),0.0秒(透明度:0%)
 ◆
:分岐終了

※別のマップへ移動する時、
 またはピクチャーの消去で数字画像を消して、再び表示した時には、
 イベントを実行する前にスイッチ[0001:初期表示]をOFFにしてください。

※定期的に並列処理するの場合でも、このままの設定で問題ありません。

2桁を表示する場合は、1桁を表示する設定を2つ作るような形になります。
詳しい設定方法は、以下のページをご覧ください。
【2桁以上の設定例を見る】



☆表示方法「008」ではなく「 8」にする
上記の設定では、3桁の表示で「8」や「75」を表示しますと、
「008」や「075」と表示されます。
これを「  8」「 75」と言った感じに、
頭の「0」を表示しないようにしたい時には、
以下のページをご覧ください。
【設定例を見る】



☆数字を左に寄せる
3桁表示で頭の「0」を表示しない設定では、
残りHP: 75
残りMP:  8

と言った状態になり、表示しない「0」の所が空いてしまいます。
これを、
残りHP:75
残りMP:8

と言ったように、数字を左へ寄せる設定を行いたい時には、
以下のページをご覧ください。
【設定例を見る】



☆動作テスト
以下のイベントを実行すれば、表示される数字が変わります。
■マップイベント
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
◆数値入力の処理:3桁,[0008:数値]<テストしたい桁数を設定
◆イベントの呼び出し:数字表示イベント

※表示イベントの〜3桁の数字〜などと表記していた所に、
 変数[0008:数値]を設定してください。

定期的に並列処理するで表示している場合は、
 イベントの呼び出しの設定は不要です。




☆使用例
このページの手法はあまり実用的ではありませんが、
すごろく作成講座のサイコロの目を決める処理では、
サイコロの目を高速で変えるのに、
このページと同じような処理を使っています。




◎関連ページ
 ●数字画像の表示
 ●数字画像の表示:マップイベント/ページ切替型
 ●数字画像の表示:マップイベント/画像書き換え型
 ●数字画像の表示:ピクチャー/画像書き換え型
 ●数字画像の表示:ピクチャー/画像表示完了型(1枚で数字4個)
 ●数字画像の表示:ピクチャー/画像表示完了型(1枚で数字10個)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール