RPGツクール2000/システム
ジャンプ処理
■川をジャンプで飛び越える
(更新:2015/12/19)


前方2マス先へジャンプしたい時には、
◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進,一歩前進,ジャンプ終了
◆指定動作の全実行
と言った設定を行えばできます。

しかし上記の設定だけでは、2マス先が歩けるマスであれば、
1マス先が壁のマスだったとしても、壁を飛び越えてジャンプしてしまいます。



もしも川のマスだけジャンプができるようにする時には、
ジャンプを行う前に1マス先が川がある事を調べておく必要があります。
 


このページは続きとなっているページです
ジャンプ処理の基礎ページをご覧の上で
このページをご覧ください。
【ジャンプ処理の基礎ページを開く】



☆川の地形を準備
イベントを設定する前に川のマス(水のマス)とする下層チップの設定を行います。

データベース「地形」を開いてください。
新規プロジェクトでの初期設定では、
地形番号の0009番0010番水の地形になっています。

今回の設定は地形番号0009番を「」とします。
もしも水の地形が無い時、またはとは異なり「」と言う地形が欲しい時には、
ここに「」と言う地形を作成してください。


データベース「チップセット」を開いてください。
ここでは、どの下層チップ川のマス(地形番号「9」)にするのかを設定します。


設定が宜しければ、画面下の[OK]をクリックしてください。



☆イベントの設定
ジャンプ処理を行うイベント設定を行います。

ゲーム全体でジャンプ処理を行う時には、コモンイベントに作成してください。

世界マップだけでジャンプができるなど、一部のマップのみでジャンプを実行する場合は、
そのマップ内のどこかにマップイベントを設定してください。

■コモンイベント「ジャンプ処理」
イベント開始条件:定期的に並列処理する
◆キー入力の処理:[0001:決定キー](決定/オプション:ON)
◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆条件分岐:主人公が左を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0004:地形ID]
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9<1マス先が川の地形IDである時
 ◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進,一歩前進,ジャンプ終了
 ◆指定動作の全実行
 ◆
:分岐終了

※キャラクターの動作指定のオプション「移動できない場合は無視」には、
 チェックを入れてください。


以上で設定完了です。


なお、地形ID0009番0010番の両方でジャンプを可能にしたい時には、
最後の条件分岐の所を、
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9以上
 ◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が10以下
  ◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進,一歩前進,ジャンプ終了
  ◆指定動作の全実行
  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了

と設定してください。



☆川幅に合わせてジャンプの距離を変える
4マス先までジャンプする事ができるようにする時には、
◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進×4個,ジャンプ終了
◆指定動作の全実行
と設定します。



この場合、川幅に関係なく、必ず4マス先までジャンプする事になります。



もしも4マス先に壁がある時には、ジャンプ処理は無効となり、
ジャンプする事ができなくなります。



今回は、
川幅が1マスだったら2マス先までのジャンプ、
川幅が2マスだったら3マス先までのジャンプ、
川幅が3マスだったら4マス先までのジャンプ
と言ったように、
川幅に合わせたジャンプを行うイベントを設定します。



☆イベントの設定
イベントの設定は、以下の通りに設定してください。

■コモンイベント「ジャンプ処理」
イベント開始条件:定期的に並列処理する
◆キー入力の処理:[0001:決定キー](決定/オプション:ON)
◆変数の操作:[0002:X座標]代入,主人公のX座標
◆変数の操作:[0003:Y座標]代入,主人公のY座標
◆条件分岐:主人公が左を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0004:地形ID]
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9以外<1マス先が川の地形IDでは無い時(前方に川が無い時)
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が左を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0004:地形ID]
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9以外<2マス先が川の地形IDでは無い時(川幅が1マスの時)
 ◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進×2個,ジャンプ終了
 ◆指定動作の全実行
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が左を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が右を向いている
 ◆変数の操作:[0002:X座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が上を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]減算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公が下を向いている
 ◆変数の操作:[0003:Y座標]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆指定位置の地形ID取得:(V[0002],V[0003]),[0004:地形ID]
◆条件分岐:変数[0004:地形ID]が9以外<3マス先が川の地形IDでは無い時(川幅が2マスの時)
 ◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進×3個,ジャンプ終了
 ◆指定動作の全実行
 ◆イベント処理の中断
 ◆
:分岐終了
◆キャラクターの動作指定:主人公,ジャンプ開始,一歩前進×4個,ジャンプ終了
◆指定動作の全実行


※キャラクターの動作指定のオプション「移動できない場合は無視」には、
 チェックを入れてください。


以上で設定完了です。



◎関連ページ
 ●ジャンプ処理
 ●イベントコマンド:キャラクターの動作指定


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール