RPGツクール2000/初心者
■「マップイベント」「コモンイベント」「バトルイベント」の違い
(更新:2015/11/21)


RPGツクール2000ではイベントを設定する事で、町の人や宝箱をマップ上に表示したり、
文章やピクチャー画像を画面に表示したりする事ができます。

イベントの設定方法には、
マップイベントコモンイベントバトルイベントの3種類があり、
それぞれ用途が異なります。



☆マップイベント
マップイベントマップ上に設定するイベントです。

▼マップ上の表示例


▼マップイベントの設定画面


マップイベントは町の人を作ったり、宝箱を作ったり、
別のマップへ移動する階段イベントを作ったりと、
マップ上で動作するイベントを作る時に使います。



マップイベントそのマップの中でしか機能しませんので、
オープニングなどのそのマップでしか使わないイベント処理を作る時には適しています。

逆にアイテムを使うといつでも世界地図が表示されるイベントなど、
どのマップでも同じように使えるイベントを作る時には、
コモンイベントで作成した方が良いでしょう。



別のマップにあるマップイベントを呼び出して使う事はできません。



マップイベントの中に複数のページが設定されている時には、
イベント出現条件を満たした最も大きいページ番号のページのみが表示されます。

例えば1ページ目3ページ目7ページ目が出現できる状態である場合は、
7ページ目のみが出現(実行)される状態になります。

これを利用して、
1ページ目=宝箱のフタが閉じている(調べる→スイッチON→2ページ目出現)
2ページ目=宝箱のフタが開いている

と言った感じに設定し、1回だけアイテムが取得できるイベントを作る事ができます。
【詳しい宝箱の作り方を見る】



☆コモンイベント
コモンイベントデータベース「コモンイベント」に設定するイベントです。

▼コモンイベントの設定画面


コモンイベントは、どのマップからでも実行する事ができますので、
アイテムを使うといつでも世界地図が表示されるイベントなど、
どのマップからでも使用できるイベントを設定する時に使います。



コモンイベントではマップ上に画像を表示するイベントを作る事はできません。



イベントコマンド:キャラクターの動作指定などにある対象キャラの設定で、
このイベントの設定をコモンイベント内で行いますと、以下のエラーが発生します。


またコモンイベントマップイベントを操作している場合で、
複数のマップで同じマップイベントを操作する場合は、
全てのマップで同じイベントIDにする必要があります。
【イベントIDに関する説明を見る】



☆バトルイベント
バトルイベントデータベース「敵グループ」に設定するイベントです。



バトルイベントは戦闘中に文章を表示させたり、
数ターンごとに主人公のHPを10%回復させるイベントを作りたい時に使います。



イベントの実行は1ターンにつき1回であり、
前のターンから既に開始条件を満たしている時には、
次のターンの主人公の行動選択が終わった直後に実行されます。

複数のページの開始条件が満たされている時には、
ページ番号の小さい方から優先的に実行されます。



戦闘中に定期的に並列処理するのような常に動き続けるイベントを作る事はできません。
またピクチャーの表示などもできません。



RPGツクール2000では戦闘中にコモンイベントを呼び出す事はできません。
※RPGツクール2003では呼び出す事ができます。

戦闘中にコモンイベント出現条件スイッチをONにしても、
コモンイベントの実行はフィールド画面に戻ってからの実行になります。

戦闘が終了しますとバトルイベントの実行ができなくなります。
そのため、バトルイベントに全滅した時に回復するイベントを設定したり、
戦闘勝利後に文章表示や特別なイベントが発生するイベントを設定したりしても、
一切実行される事はありません。
※戦闘終了後に敵キャラが仲間になるようなイベントは、
 フィールドに戻ってから実行する形になります。


【バトルイベントを紹介するページを見る】



☆補足
メニュー画面を表示している時には、
マップイベントやコモンイベントを実行させる事はできません。



YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール