RPGツクール2000/演出
ゲージの表示(棒グラフの表示)
■ゲージの表示:画像移動型(ピクチャー)
(更新:2008/11/22)


ピクチャーで表示したゲージ画像を移動し、
変数の値に合わせたゲージの表示を行う設定方法を紹介します。



※ゲージの表示方法は4つあり、
 このページで紹介する画像移動型は、その中の1つになります。

【他のゲージの表示方法を確認する】



☆画像の準備
ゲージの画像は、
移動してゲージの量を表示する画像と、
移動するゲージの上に表示する枠の画像を用意してください。

▼移動するゲージの画像


▼移動するゲージの上に表示する枠の画像


【2枚の画像をまとめてダウンロードする】

用意したゲージ用の画像は、
素材管理の「Picture」のフォルダへインポートしてください。



☆設定に関する補足
変数の設定で使用する数値の確認です。

▼ゲージ画像の長さ

▼値が0の時のゲージのX表示位置

このゲージの表示では、ゲージ画像を画面左(ゲーム画面の外)に移動して、
ゲーム画面上のゲージの長さを変えます。
そのためゲージの画像は、画面の左側にくっている状態である必要があります。



☆イベントの設定
ピクチャーを使って、ゲージ画像を表示するイベントの設定を行います。

今回は、変数0001番の値をゲージにして表示する値とします。
値の表示範囲は、0〜14とします。

イベント実行内容は、以下の通りです。
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]代入,変数[0001]の値
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]乗算,318<ゲージ画像の長さ(ドット数)を設定
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]除算,14<変数1番の最大となる値を設定
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]加算,-158<表示する値が0の時の表示位置にする
◆変数の操作:[0003:ゲージ表示Y]代入,3
◆条件分岐:スイッチ[0001:ピクチャー表示]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:ピクチャー表示]をONにする
 ◆ピクチャーの表示:1,ゲージ,([0002],V[0003])
 ◆ピクチャーの表示:2,ゲージの枠,(160,3)
 ◆
:分岐終了
◆ピクチャーの移動:1,(V[0002],V[0003]),0.0秒


以上で設定完了です。



別のマップへ移動した時には、
再びゲージ画像を表示する必要があります。
この場合は…
◆場所移動
◆スイッチの操作:[ピクチャー表示]をOFFにする

と言った感じに、場所移動のイベントと共にスイッチをOFFにして、
再びゲージが表示されるようにしてください。

なお、スイッチの設定ではなく、マップIDを使った設定方法もあります。
◆変数の操作:[0004:マップID]代入,主人公のマップID
◆条件分岐:変数[0005:マップID2]がV[0004]以外
 ◆変数の操作:[0005:マップID2]代入,主人公のマップID
 ◆ピクチャーの表示:1,ゲージ,([0002],V[0003])
 ◆ピクチャーの表示:2,ゲージの枠,(160,3)
 ◆
:分岐終了

この場合は、場所移動時に特別な設定が無くても、
別のマップへ移動したら、自動的にゲージの表示が実行されます。



☆徐々に増えていく(減っていく)演出を追加する
一瞬でゲージの表示を変えるのではなく、
徐々に増えたり、減ったりするゲージの表示に変えたい時には、
以下のように設定してください。

◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]代入,変数[0001]の値
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]乗算,318
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]除算,14
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]加算,-158
◆変数の操作:[0003:ゲージ表示Y]代入,3
◆条件分岐:スイッチ[0001:ピクチャー表示]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:ピクチャー表示]をONにする
 ◆ピクチャーの表示:1,ゲージ,([0002],V[0003])
 ◆ピクチャーの表示:2,ゲージの枠,(160,3)
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]代入,変数[0002]の値
 ◆
:分岐終了
◆変数の操作:[0005:値の差]代入,変数[0002]の値
◆変数の操作:[0005:値の差]減算,変数[0004]の値
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が1以上
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-1以下
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,1
 ◆
:分岐終了

◆ピクチャーの移動:1,(V[0004],V[0003]),0.0秒


ゲージの移動を速くしたい時には…
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が1以上
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,1
 ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が10以上<追加
  ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,3
  ◆
 :分岐終了

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-1以下
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,1
 ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-10以下<追加
  ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,3
  ◆
 :分岐終了

 ◆

:分岐終了
と言った感じに設定すれば、ゲージの移動が速くなり、
さらに…
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が1以上
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,1
 ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が10以上
  ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,3
  ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が50以上<追加
   ◆変数の操作:[0004:移動表示X]加算,4
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-1以下
 ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,1
 ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-10以下
  ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,3
  ◆条件分岐:変数[0005:値の差]が-50以下<追加
   ◆変数の操作:[0004:移動表示X]減算,4
   ◆
  :分岐終了

  ◆
 :分岐終了
 ◆
:分岐終了

と設定すれば、より速くゲージの移動が実行されます。


  
☆主人公のHPをゲージで表示する
主人公のHPをゲージで表示したい時には、以下のように設定してください。

◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]代入,主人公01のHP
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]乗算,318
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]除算,主人公01の最大HP
◆変数の操作:[0002:ゲージ表示X]加算,-158
◆変数の操作:[0003:ゲージ表示Y]代入,3
◆条件分岐:スイッチ[0001:ピクチャー表示]がOFF
 ◆スイッチの操作:[0001:ピクチャー表示]をONにする
 ◆ピクチャーの表示:1,ゲージ,([0002],V[0003])
 ◆ピクチャーの表示:2,ゲージの枠,(160,3)
 ◆
:分岐終了
◆ピクチャーの移動:1,(V[0002],V[0003]),0.0秒




◎関連ページ
 ●ゲージの表示(棒グラフの表示)
 ○ページ切り替え型
 ┣○書き換え型(マップイベント)
 ┣○書き換え型(ピクチャー)
 ┣○画像移動型(ピクチャー)
 ┗
○二重表示型(ピクチャー)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール