RPGツクール2000/演出
ゲージの表示(棒グラフの表示)
■ゲージの表示:ページ切り替え型
(更新:2016/05/07)


マップイベントのページごとにゲージ画像を設定して、
ページを切り替えてゲージを表示する方法を紹介します。
▼自作戦闘での設定例


※ゲージの表示方法は4つあり、
 このページで紹介するページ切り替え型は、その中の1つになります。

【他のゲージの表示方法を確認する】



☆画像の準備
ゲージの画像は、キャラセットの画像にして、
素材管理の「CharSet」のフォルダへインポートしてください。

←画像を使う場合は、
 画像の上で右クリックを押し、
 名前を付けて画像を保存を選択
 してパソコン内へ保存し、
 CharSetにインポートしてくだ
 さい。
 加工も自由に行ってください。

画像は1ピクセルずつ増えていく設定になっていますが、
そんなに細かく表示する必要が無い場合は、
2ピクセルずつ増やしていく設定でも良いかと思います。
2ピクセルずつ増やしていく事で、イベント設定が減り、
イベントの処理負担を少なくする事ができます。



☆イベントの設定
マップイベントにゲージ画像を表示する設定を行います。

今回は、変数0001番の値が1増えるごとに、
ゲージの表示が1ピクセル増える設定を行います。



マップイベントの1ページ目を設定します。



【1】グラフィックの「設定」をクリックしてください。

【2】ゲージ用の画像を選択してください。
   YADOTのゲージ画像を使っている場合は、
   キャラセット「gauge_c」を選択してください。

【3】YADOTのゲージ画像を使っている場合は、
   左上の画像を選択してください。

【4】最初の「上向き」にしますと、初めのゲージの画像が表示されます。

【5】「OK」をクリックして画像を確定してください。

【6】アニメーションタイプを「グラフィック完全固定」にしてください。



2ページ目を設定します。



【1】画面上部にある「ページの新規作成」をクリックして、
   2ページ目を作成してください。

【2】イベント出現条件変数[0001]が1以上を設定してください。

【3】グラフィックの「設定」をクリックしてください。

【4】「右向き」にしてください。

【5】「OK」をクリックして画像を確定してください。



3ページ目以降も2ページ目と同様に設定してください。

ページ イベント出現条件 グラフィック 向き
変数[0001]が2以上 上部/左から1番目 下向き
変数[0001]が3以上 上部/左から1番目 左向き
変数[0001]が4以上 上部/左から2番目 上向き
変数[0001]が5以上 上部/左から2番目 右向き
変数[0001]が6以上 上部/左から2番目 下向き
変数[0001]が7以上 上部/左から2番目 左向き
変数[0001]が8以上 上部/左から3番目 上向き
10 変数[0001]が9以上 上部/左から3番目 右向き
11 変数[0001]が10以上 上部/左から3番目 下向き
12 変数[0001]が11以上 上部/左から3番目 左向き
13 変数[0001]が12以上 上部/左から4番目 上向き
14 変数[0001]が13以上 上部/左から4番目 右向き
15 変数[0001]が14以上 上部/左から4番目 下向き


以上で設定完了です。



☆補足
変数の値を変えるだけで、ゲージの表示状態を変える事ができます。



◎関連ページ
 ●ゲージの表示(棒グラフの表示)
 ○ページ切り替え型
 ┣○書き換え型(マップイベント)
 ┣○書き換え型(ピクチャー)
 ┣○画像移動型(ピクチャー)
 ┗
○二重表示型(ピクチャー)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール