RPGツクール2000/自作戦闘
アクションRPGの戦闘システムを作る
■イベントIDの管理
(更新:2009/07/25)


イベントIDの管理に関するページです。

アクションRPGの戦闘システムでは、
敵キャラのイベントIDを他のマップイベントよりも、
大きいイベントIDにしておく必要があります。



☆予め敵キャラではないマップイベントを準備
新規にマップを作成した時には、
予め敵キャラではないマップイベントを準備しておくと良いでしょう。

イベントID1番は「初期設定」で使いますので、
それ以外のマップイベントで階段や宝箱などのイベントを作ります。

設定する予定の数より、少し多めに準備した方が良いです。

準備したマップイベントを使用する時には、
先に準備したマップイベントを削除して、
それからマップイベントを設定してください。
※新規にマップイベントを作成しますと、
 使われていない最も小さいイベントIDを使用しますので、
 必然的に削除したイベントIDが使われるようになります。


マップが完成している場合は、敵キャラを設定する前に、
先に敵キャラ以外のマップイベントを設定しておくのも良い方法です。

この場合でも、あとでイベントを追加する可能性がありますので、
いくつかの予備イベントを準備しておくと良いでしょう。



☆イベントIDを揃える
下図のように、バラバラにイベントIDが設定されている時には、
敵キャラのイベントIDを他のマップイベントよりも、
大きいイベントIDにする必要があります。
▼黄色の数字はイベントIDを示しています。


切り取りは、キーボードの[Ctrl]を押しながら[X]でもできます。
 コピーは、キーボードの[Ctrl]を押しながら[C]でもできます。
貼り付けは、キーボードの[Ctrl]を押しながら[V]でもできます。


まず全てのマップイベントをコピー&貼り付けしてください。
※すぐ隣りのマスへの貼り付けが良いです。



元々設定されていたコピー元のマップイベントを全て削除してください。



敵キャラではないマップイベントから順番に、
切り取り&元の位置へ貼り付けを実行してください。


敵キャラではないマップイベントの、
切り取り&元の位置へ貼り付けが終わりましたら、
敵キャラのマップイベントの、
切り取り&元の位置へ貼り付けを行ってください。


これで敵キャラのイベントIDが、
他のマップイベントよりも大きいイベントIDになりました。


敵キャラのイベントIDを変えたあとは、敵HPの設定や、
敵キャラのイベント出現条件の設定などを確認してください。



ページタイトル 内容
備考
基礎ページ 制作を始める前に必ず見ておく基礎ページです。
必見!
制作に必要な情報を見る事ができます。
イベントIDの管理 イベントIDの管理に関するページです。
制作テクニックです。
主人公の攻撃処理 決定キーを押すと攻撃を行う処理。
必要な処理。
様々な攻撃範囲の設定 様々な攻撃範囲の設定方法を紹介。
「主人公の攻撃処理」の後に見てください。
武器とキー処理 武器装備時、または溜め攻撃時の攻撃範囲の変更を紹介。
「主人公の攻撃処理」の後に見てください。
敵の設定 基本的な敵キャラの設定方法を紹介。
必要な処理。「主人公の攻撃処理」の後に見てください。
ダメージ&命中率の計算 攻撃力や防御力を使ったダメージ&命中率の計算を設定。
「敵の設定」の後に見てください。
マップごとに敵HPを管理 別のマップへ移動しても敵HPが初期化しないように設定。
「敵の設定」の後に見てください。
敵の位置を記憶 別のマップへ移動する前に敵の位置を記憶します。
「敵の設定」の後に見てください。
戦闘アニメの表示制限 宝箱などを調べても戦闘アニメが表示されないように設定。
「敵の設定」の後に見てください。
主人公のHPを表示 主人公のHP表示を設定します。
敵の設定までが終わりましたらご覧ください。
敵のHPを表示 敵のHP表示を設定します。
敵の設定までが終わりましたらご覧ください。


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール