RPGツクール2000/初心者・デフォルト戦闘【サイトトップへ戻る】
■敵の出現設定
(更新:2020/06/28)


ゲーム中に敵を出現させる設定方法を紹介します。


ショートカット
■データベースの準備
■エンカウントで敵を出現させる
■エリア設定
■エリア設定の注意点
■ボス戦の設定(マップイベントに話しかけて戦闘開始)
■シンボルエンカウントで戦闘開始
■敵キャラの周りが透明にならない
■補足


  
■データベースの準備

データベースにて、敵の出現に必要な設定を行います。



■データベース:敵キャラ

ゲーム内で登場する敵キャラをデータベース「敵キャラ」にて作成します。

オリジナルの敵キャラのグラフィックを使いたい時には、
素材管理のフォルダ「Monster」に敵キャラのグラフィックをインポートしてください。





■データベース:敵グループ

データベース「敵キャラ」で作成した敵キャラを、
データベース「敵グループ」にてグループ化します。

このグループ化は敵キャラが1体しか出現しない場合でも設定する必要があります。

このグループ化した敵グループと主人公たちが戦います。





敵キャラのグラフィック上で右クリックを押すと「途中から出現」の設定ができます。



この途中から出現を設定する事で、例えば3ターン目に新たな敵が出現する設定などができます。

▼バトルイベントの設定例
開始条件:ターン[3]

◆敵キャラの出現:1:スライム



出現可能地形では、各敵グループが出現する地形を設定します。

この設定により、例えば「森のみで出現する敵グループ」などを設定する事ができます。

初期設定では以下の3種類に分かれています。

タイプ 出現条件 敵グループの一例
陸上を移動する敵グループ 陸地:出現する
 海:出現しない
スライムx2
大グモx2
空中を移動している敵グループ 陸地:出現する
 海:出現する
こうもりx2
ホーネットx2
海を移動している敵グループ 陸地:出現しない
 海:出現する
怪魚x2
マーマンx2

小型船や大型船に乗って移動している時でもエンカウントは有効であり、
空中を移動している敵グループ」と「海を移動している敵グループ」が出現します。

飛行船に乗っている時にはエンカウントは無効となり、敵は出現しません。



■データベース:地形

データベース「地形」にて地形に合わせた戦闘背景敵出現倍率を設定してください。

オリジナルの戦闘背景を使いたい時には、
素材管理のフォルダ「Backdrop」に戦闘背景のグラフィックをインポートしてください。




以上でデータベースの設定は完了です。


▲トップへ戻る▲


  
■エンカウントで敵を出現させる

エンカウントとは、主人公が一定歩数を歩くと敵が出現するシステムの事を言います。



エンカウントの設定は、マップの設定にて行います。

マップ作成画面の左下にあるマップツリーの中で、
エンカウントを設定したいマップ名の上で右クリック → マップの設定を選択してください。





マップの設定の左下にある「エンカウント」にて、
このマップで出現させたい敵グループを設定してください。

敵グループと書かれたすぐ下の白い所で右クリック → 編集を選択してください。
ダブルクリックでも敵グループを選択する画面を開く事ができます。





表示された画面の[▼]のボタンをクリックして出現させる敵グループを選択し、
OKをクリックしてください。





さらに出現させる敵グループを増やしたい時には、同じ作業を繰り返してください。





敵グループの設定では、同じ敵グループを2つ以上設定する事もできます。



このように設定する事で、
60%の確率で「スライムx2」が出現して、
40%の確率で「スライムx3」が出現する設定を行う事ができます。



敵出現歩数には出現する歩数を設定してください。

初期設定の「25」の場合は、25歩くらい歩きますと敵が出現します。

「0」にすると敵が出現しなくなります。



敵出現歩数の設定は、
イベントコマンド:敵出現歩数の変更を使用する事で変更する事ができます。

なお、このイベントコマンド:敵出現歩数の変更の変更は、
別のマップへ移動すると元の設定に戻ります。



最後にマップの設定の画面下にあるOKをクリックしてください。


▲トップへ戻る▲


  
■エリア設定

同じマップの中で場所によって出現する敵グループを変えたい時には、エリア設定を行ってください。

画面左下のマップツリーにて、エリア設定を行いたいマップ名の上で、
右クリックエリアの作成を選択してください。





表示された画面の[…]をクリックしてください。





ドラッグ(マウスの左ボタンを押しながら移動)でエリア範囲を設定してください。
エリア範囲の設定が宜しければ、画面下のOKをクリックしてください。





エリア内で出現させたい敵グループを設定して、
設定が宜しければ画面下のOKをクリックしてください。




以上で設定完了です。


▲トップへ戻る▲


  
■エリア設定の注意点

マップの設定エリアの設定の両方に敵グループが設定されている場合は、
エリア内では両方の敵グループが出現します。

▼設定例
マップの設定でのエンカウント:スライム
エリアの設定でのエンカウント:ゴースト

この場合は、マップ全体ではスライムだけが出現し、
エリア内ではスライムとゴーストの両方が出現します。



もしもエリア内では特定の敵グループのみを出現させたい時には、
マップの設定にはエンカウントを設定せず、
複数のエリア設定の中にエンカウントを設定すると良いでしょう。





また「この敵グループは雪原のみしか出現しない」と言った場合は、
データベース「敵グループ」出現可能地形を設定すれば、
敵グループが出現する地形を指定する事ができます。

例えば、以下のように出現可能地形から雪原の地形を外すと、
この敵グループは雪原には出現しなくなります。



逆に雪原のみにチェックを入れる事で、
雪原のみしか出現しない敵グループを設定する事もできます。


▲トップへ戻る▲


  
■ボス戦の設定(マップイベントに話しかけて戦闘開始)



ボスキャラなどの1回しか戦わない敵キャラを設定する場合は、エンカウントで設定せず、
マップイベントにイベントコマンド:戦闘の処理を設定して敵グループを出現させます。

■マップイベント「ボスライム」

▼1ページ目

イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:敵キャラと分かる画像

◆戦闘の処理:ボスライム
◆スイッチの操作:[0001:ボスライム倒した]をONにする




▼2ページ目

イベント出現条件:スイッチ[0001:ボスライム倒した]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:透明

イベント実行内容には何も設定しません。



敵と戦って負けてもゲームオーバーにならないようにする場合は、
戦闘の処理で「負けた場合:独立して分岐」を設定してください。

なお、戦闘に負けた場合は基本的に主人公全員が戦闘不能状態になっていますが、
主人公全員が戦闘不能のままで通常のエンカウントの戦闘が実行されますと、
即ゲームオーバーになります。

そのため、負けた場合は最低1人の主人公は戦闘不能を解除する必要があります。

戦闘不能の解除方法は、プレイヤーがアイテムや特殊技能を使って解除する方法の他、
イベントコマンドの状態の変更全回復を使って解除する方法もあります。

■マップイベント「ボスライム」

▼1ページ目

イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:敵キャラと分かる画像

◆戦闘の処理:ボスライム(負けた場合:独立して分岐)
:勝った場合
 ◆スイッチの操作:[0001:ボスライム倒した]をONにする
 ◆
:負けた場合
 ◆状態の変更:メンバー全員の戦闘不能を解除する※イベントで戦闘不能を解除する場合
 ◆
:分岐終了




▼2ページ目

イベント出現条件:スイッチ[0001:ボスライム倒した]がON
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:透明

イベント実行内容には何も設定しません。



*補足*

何らかの定期的に並列処理するが実行している場合、
戦闘の処理で負けた時に、負けてすぐに戦闘不能を解除する設定を行っても、
戦闘不能を解除する前にゲームオーバーになってしまう事があります。

そのため、負けた場合:独立して分岐を設定している戦闘の処理を実行する場合は、
実行前に定期的に並列処理するの出現条件をOFFにして、
定期的に並列処理するが動かないようにした方が良いでしょう。


▲トップへ戻る▲


  
■シンボルエンカウントで戦闘開始



シンボルエンカウントとは、マップ上に敵キャラが表示されており、
その敵キャラと接触した時に戦闘が開始するシステムの事を言います。

基本的な設定は以下のようになります。

■マップイベント「スライム」

イベント出現条件:なし
イベント開始条件:イベントから触れたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:敵キャラと分かる画像
移動タイプ:自由に設定

◆戦闘の処理:スライム
◆イベントの一時消去

以下のリンク先では、より詳しい設定方法を紹介しています。
【シンボルエンカウントのページを開く】


▲トップへ戻る▲


  
■敵キャラの周りが透明にならない

敵キャラのグラフィックをインポートして設定した時に、
敵キャラの周りの部分が透明にならない事があります。



このような現象は、インポート時に透明色指定を行っていない時に発生します。
【透明色指定に関する説明ページを開く】


▲トップへ戻る▲


  
■補足

イベント開始条件「主人公から触れたとき」にしているマップイベントの上を歩いている時には、
エンカウントは実行されません。

マップイベントの上を歩き続けている時にエンカウントを実行したい時には、
自作エンカウントを作る必要があります。
【自作エンカウントのページを開く】



テストプレーの時にCtrlキーを押しながら移動すると、
エンカウントによる敵グループの出現処理を無効にする事ができます。


▲トップへ戻る▲



◎関連ページ

●マップの設定
●シンボルエンカウント
●自作エンカウント
●エラー表示:「無効な敵キャラが指定されました」
●エラー表示:「無効な敵グループが指定されました」
●データベース「敵キャラ」
●データベース「敵グループ」
●データベース「地形」
●イベントコマンド:戦闘の処理

YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール