RPGツクール2000/主人公・パーティー・乗り物
■パーティー編成(会話型)
(更新:2015/02/21)


仲間となるマップイベントに話しかけてパーティー編成を行う設定方法を紹介します。





☆処理の流れ
イベント処理の流れは以下の通りです。


イベントに話しかける
パーティーが3人以下 パーティーが4人
パーティーから誰かを外す
誰かを外した 誰も外さない
仲間に加える 仲間に加えない


今回の処理では、パーティーに4人の主人公がいる時には、
選択肢に主人公の名前を表示するの処理を使って主人公の名前を選択肢に表示し、
パーティーから外す主人公をプレイヤーに選択してもらいます。
【選択肢に主人公の名前を表示するイベントの作り方を見る】



パーティーに主人公を加えるイベントの作り方は、
会話を行って仲間を増やすにて紹介しています。
【会話を行って仲間を増やすイベントの作り方を見る】

なお、会話を行って仲間を増やすと同じ設定部分は、この色で表記しています。



☆イベントの設定
まずコモンイベント仲間を外すイベントを設定します。
このコモンイベントは、パーティーに主人公が4人いる時に、
パーティーから外す主人公を選択する時に使います。

■コモンイベント「仲間を外す」
イベント開始条件:呼び出されたときのみ
出現条件スイッチ:なし
◆文章:パーティーは4人までです。
:  :パーティーから外す主人公を選択して下さい。
◆変数の操作:[0001:変数番号]代入,11
◆変数の操作:[0011〜0014]代入,0
◆条件分岐:主人公01がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,1
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公02がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,2
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公03がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,3
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公04がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,4
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公05がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,5
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公06がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,6
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆選択肢の表示:\n[\v[11]]/\n[\v[12]]/\n[\v[13]]/\n[\v[14]](キャンセル:独立して分岐)
:[\n[\v[11]]]の場合
 ◆メンバーの入れ替え:V[0011]を外す
 ◆
:[\n[\v[12]]]の場合
 ◆メンバーの入れ替え:V[0012]を外す
 ◆
:[\n[\v[13]]]の場合
 ◆メンバーの入れ替え:V[0013]を外す
 ◆
:[\n[\v[14]]]の場合
 ◆メンバーの入れ替え:V[0014]を外す
 ◆
:キャンセルの場合
 ◆
:分岐終了




■マップイベント「主人公02」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:主人公02の画像
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
 ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4
  ◆イベントの呼び出し:仲間を外す<コモンイベントを呼び出す
  ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
  ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4<仲間を外していない時
   ◆文章:【謎の男】
   :  :誰もパーティーから外れないのなら、
   :  :今回の話は無かった事にしよう。
   :  :また気が向いたら声をかけてくれ。
   ◆イベント処理の中断
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


▼2ページ目
イベント出現条件:主人公02がいる
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラの下
グラフィック:透明
イベント実行内容には何も設定しません。


以上で設定完了です。



☆戦闘不能をチェックする
パーティーにいる主人公が全て戦闘不能になりますと、即ゲームオーバーになります。
そのため、パーティー編成の際は、
戦闘不能ではない主人公を1人以上パーティー内に残す必要があります。

回避方法の1つとして、パーティー編成前に戦闘不能を解除しておく方法があります。
しかし戦闘不能を解除したくない場合は、
戦闘不能のみのパーティーにならないように設定する必要があります。

■マップイベント「主人公02」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:主人公02の画像
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
 ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4
  ◆条件分岐:主人公02が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
   ◆スイッチの操作:[0001:戦闘不能である]をONにする
   ◆
  :それ以外の場合
   ◆スイッチの操作:[0001:戦闘不能である]をOFFにする
   ◆
  :分岐終了

  ◆イベントの呼び出し:仲間を外す
  ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
  ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4
   ◆文章:【謎の男】
   :  :誰もパーティーから外れないのなら、
   :  :今回の話は無かった事にしよう。
   :  :また気が向いたら声をかけてくれ。
   ◆イベント処理の中断
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


▼2ページ目
イベント出現条件:主人公02がいる
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラの下
グラフィック:透明
イベント実行内容には何も設定しません。



コモンイベント「仲間を外す」には、これから仲間になる主人公が戦闘不能状態で、
なおかつ現在のパーティーメンバーの3人が戦闘不能状態である場合は、
戦闘不能同士が入れ替わる形でパーティー編成を行うように設定します。

なお、戦闘不能状態の主人公の名前は、赤文字(色番号11)で表示します。

■コモンイベント「仲間を外す」
イベント開始条件:呼び出されたときのみ
出現条件スイッチ:なし
◆文章:パーティーは4人までです。
:  :パーティーから外す主人公を選択して下さい。
◆変数の操作:[0001:変数番号]代入,11
◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]代入,15
◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]代入,0

◆変数の操作:[0011〜0018]代入,0
◆条件分岐:主人公01がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,1
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公01が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,1
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公02がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,2
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公02が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,2
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公03がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,3
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公03が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,3
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公04がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,4
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公04が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,4
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公05がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,5
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公05が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,5
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公06がパーティーにいる
 ◆変数の操作:[V[0001]]代入,6
 ◆変数の操作:[0001:変数番号]加算,1
 ◆条件分岐:主人公06が戦闘不能状態になっている(オプション:ON)
  ◆変数の操作:[V[0003]]代入,11
  ◆変数の操作:[0004:戦闘不能人数確認]加算,1
  ◆
 :それ以外の場合
  ◆変数の操作:[0005:戦闘不能ではない番号]代入,6
  ◆
 :分岐終了
 ◆変数の操作:[0003:色文字の変数番号]加算,1

 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:変数[0004:戦闘不能人数確認]が2以下<パーティー内の2人以下が戦闘不能状態の時
 ◆スイッチの操作:[0001:戦闘不能である]をOFFにする
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:スイッチ[0001:戦闘不能である]がON
 ◆文章:なお、仲間になりたい主人公は戦闘不能状態です。
 :  :パーティーには必ず1人以上は戦闘不能ではない
 :  :主人公を残す必要があります。
 :  :そのため、戦闘不能の主人公を選択して下さい。
 ◆
:分岐終了

◆ラベルの設定:1番
◆選択肢の表示:\c[\v[15]]\n[\v[11]]/\c[\v[16]]\n[\v[12]]/
        \c[\v[17]]\n[\v[13]]/\c[\v[18]]\n[\v[14]](キャンセル:独立して分岐)
:[\c[\v[15]]\n[\v[11]]]の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0001:戦闘不能である]がON
  ◆条件分岐:変数[0005:戦闘不能ではない番号]がV[0011]と同値
   ◆文章:戦闘不能状態の主人公を選択して下さい。
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆メンバーの入れ替え:V[0011]を外す
 ◆
:[\c[\v[16]]\n[\v[12]]]の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0001:戦闘不能である]がON
  ◆条件分岐:変数[0005:戦闘不能ではない番号]がV[0012]と同値
   ◆文章:戦闘不能状態の主人公を選択して下さい。
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆メンバーの入れ替え:V[0012]を外す
 ◆
:[\c[\v[17]]\n[\v[13]]]の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0001:戦闘不能である]がON
  ◆条件分岐:変数[0005:戦闘不能ではない番号]がV[0013]と同値
   ◆文章:戦闘不能状態の主人公を選択して下さい。
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆メンバーの入れ替え:V[0013]を外す
 ◆
:[\c[\v[18]]\n[\v[14]]]の場合
 ◆条件分岐:スイッチ[0001:戦闘不能である]がON
  ◆条件分岐:変数[0005:戦闘不能ではない番号]がV[0014]と同値
   ◆文章:戦闘不能状態の主人公を選択して下さい。
   ◆指定ラベルへ飛ぶ:1番
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了

 ◆メンバーの入れ替え:V[0014]を外す
 ◆
:キャンセルの場合
 ◆
:分岐終了



以上で設定完了です。



☆並び順をデータベース順にする
パーティーの並び順は、
1番目:主人公8番
2番目:主人公3番
3番目:主人公4番
4番目:主人公6番

と言ったようにパーティーに加わった順になります。

このパーティーの並び順を、
1番目:主人公3番
2番目:主人公4番
3番目:主人公6番
4番目:主人公8番

と言ったように、データベース「主人公」の番号順にしたい時には、
まず並び替えを行うコモンイベントを準備してください。

■コモンイベント「並び替え」
イベント開始条件:呼び出されたときのみ
出現条件スイッチ:なし
◆条件分岐:主人公01がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公01を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公01を加える
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公02がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公02を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公02を加える
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公03がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公03を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公03を加える
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公04がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公04を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公04を加える
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公05がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公05を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公05を加える
 ◆
:分岐終了
◆条件分岐:主人公06がパーティーにいる
 ◆メンバーの入れ替え:主人公06を外す
 ◆メンバーの入れ替え:主人公06を加える
 ◆
:分岐終了


そしてパーティーメンバーが変わった後に、
上記のコモンイベント「並び替え」を呼び出すように設定してください。

■マップイベント「主人公02」
▼1ページ目
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラと重ならない
グラフィック:主人公02の画像
◆文章:【謎の男】
:  :君も悪の王『やどちゃん』を倒しに行くのか。
:  :だったら一緒に倒しに行かないか?
◆文章:仲間にしますか?
◆選択肢の表示:仲間にする/仲間にしない
:[仲間にする]の場合
 ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
 ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4
  ◆イベントの呼び出し:仲間を外す
  ◆変数の操作:[0002:パーティー人数]代入,パーティー人数
  ◆条件分岐:変数[0002:パーティー人数]が4
   ◆文章:【謎の男】
   :  :誰もパーティーから外れないのなら、
   :  :今回の話は無かった事にしよう。
   :  :また気が向いたら声をかけてくれ。
   ◆イベント処理の中断
   ◆
  :分岐終了
  ◆
 :分岐終了
 ◆文章:【謎の男】
 :  :オレの名前は「ブライアン」だ。
 :  :これからよろしくな。
 ◆効果音の演奏:あたり2
 ◆メンバーの入れ替え:ブライアンを加える
 ◆文章:ブライアンがパーティーに加わりました。
 ◆イベントの呼び出し:並び替え<コモンイベントを呼び出す
 ◆
:[仲間にしない]の場合
 ◆文章:【謎の男】
 :  :そうか…。
 :  :まあ気が向いたらいつでも声をかけてくれ。
 ◆
:分岐終了


▼2ページ目
イベント出現条件:主人公02がいる
イベント開始条件:決定キーが押されたとき
プライオリティタイプ:通常キャラの下
グラフィック:透明
イベント実行内容には何も設定しません。


以上で設定完了です。



◎関連ページ
 ●パーティー編成について
 ○パーティー編成(会話型)
 ┣○パーティー編成(選択肢型)
 ┣○パーティー編成(マップ移動型)
 ┣○パーティー編成(フィールド表示型)
 ┗
○顔パーティー編成

 ●選択肢に主人公の名前を表示する


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール