RPGツクール2000/イベントコマンド(フィールド)
■戦闘アニメの表示
(更新:2015/11/21)


戦闘アニメの表示は、
データベース「戦闘アニメ」で作成しました戦闘アニメを、
ゲーム画面に表示する時に使います。

バトルイベントで使う戦闘アニメの表示のページは、
別途用意しています。
【バトルイベントで使う戦闘アニメの表示のページを開く】



▼戦闘アニメ
表示する戦闘アニメを[▼]クリックして選択します。
▼対象キャラ
戦闘アニメを表示する中心となるキャラクターを選択します。
▼オプション
アニメが完了する
までウェイト
アニメの表示が完了するまで、
イベント処理が止まります。
マップ全体に並べる 画面全体に戦闘アニメを表示します。



☆補足
戦闘アニメは画面上に1つしか表示する事ができません。
もしも戦闘アニメを表示中に別の戦闘アニメを表示しますと、
前に表示していた戦闘アニメは強制的に終了し、
新しい戦闘アニメの表示のみが残ります。



戦闘アニメの表示時間は、
1フレーム=ウェイト0.0秒×2個
3フレーム=ウェイト0.1秒×1個

となっています。



戦闘アニメの表示位置は、
左右は対象キャラの中心、
上下は対象キャラの「足元」「中央」「頭上」のいずれかになります。
なお、「足元」「中央」「頭上」の設定は、
データベース「戦闘アニメ」Y座標基準ラインにて行います。



戦闘アニメを表示している間は、
イベントコマンド:画面のフラッシュを設定しても、
30分の1秒しか表示されません。
また戦闘アニメの表示対象としているキャラクターに対して、
イベントコマンド:キャラクターのフラッシュを設定しても、
30分の1秒しか表示されません。
これは戦闘アニメの中でも同じ処理が連続的に行われており、
戦闘アニメと同様に画面上で1つしか実行できないために、
このような現象が起きるようです。



対象キャラを乗り物で設定している場合は、
その乗り物が別のマップに置いてあっても、
別のマップにいる乗り物のX座標、Y座標を読み取って
戦闘アニメが表示されます。



◎関連ページ
 ●戦闘アニメを連続で表示する
 ●データベース「戦闘アニメ」
 ●イベントコマンド:戦闘アニメの表示(バトルイベント仕様)
 ●素材管理(素材規格・ファイル形式)


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール