RPGツクール2000/演出
■画面を真っ暗にする
(更新:2016/05/07)

画面を真っ暗するなど、1色で画面を塗りつぶしたり、
模様の付いた画像で画面を塗りつぶす方法を紹介します。
設定方法は状況に合わせていくつかの方法があります。

▼真っ暗


▼真っ白



  
☆ニューゲーム開始時に真っ暗にする
タイトル画面からニューゲームで始めた時に、
真っ暗な画面でゲームを開始する時の設定方法です。

長所 ・ニューゲーム開始時に真っ暗にする事ができる。
遠景を設定する事で黒以外や模様なども表示できる。
短所 ・真っ暗にする専用のマップが必要であり、
 真っ暗にする時、真っ暗をやめる時に場所移動が必要になる。
用途 ・ニューゲーム開始時(オープニング開始時)の真っ暗にしたい時。
・真っ暗なマップでキャラクターを歩かせたい時。

表示有無
マップチップ キャラ ピクチャー 画面(キャラクター)フラッシュ 戦闘アニメ 文章

マップチップの表示は可能ですが遠景を表示するためには、
透明なマップチップしか設定する事ができません。



まずデータベース「システム」にて、
初期パーティーの1人目を「(なし)」にしてください。



真っ暗用のマップを準備し、パーティーの初期位置を設定してください。


マップの下層チップを全て透明のチップにしてください。
▼RTPのチップセットの場合は右下のピンク色のチップが透明なチップになります。



初期パーティーと場所移動を設定するイベントをマップ内に設定してください。
■マップイベント「場所移動」
イベント出現条件:なし
イベント開始条件:自動的に始まる
◆画面の消去:場所移動の設定
◆メンバーの入れ替え:主人公01を加える
◆場所移動:〜ゲームを始まる場所〜
◆画面の表示:場所移動の設定




☆「画面の消去」で真っ暗にする
イベントコマンド:画面の消去で画面を真っ暗にする設定方法です。

長所 ・マップチップやキャラ、文章やピクチャーなどが全く表示されない。
・真っ暗にする消去方法が色々と用意されている。
・別のマップへ移動しても真っ暗が継続する。
短所 ・黒一色しか表示できない。
・メニュー画面やセーブ画面を表示して閉じると真っ暗が解除される。
用途 ・主に別のマップへ移動する時に使用します。
 特に移動先のマップで準備(ピクチャーの表示など)が必要な時には、
 この画面の消去を使います。

表示有無
マップチップ キャラ ピクチャー 画面(キャラクター)フラッシュ 戦闘アニメ 文章
× × × × × ×

真っ暗な状態を元の画面に戻す場合は、
イベントコマンド:画面の表示を使います。

真っ暗にする消去方法は以下のページを参考にしてください。
【画面の切り替え見本を見る】



▼場所移動の設定例
◆画面の消去:場所移動の設定
◆場所移動:0002:町の入口(020,029)
◆画面の表示:場所移動の設定


▼主人公を上向きにして場所移動する場合の設定例
◆画面の消去:場所移動の設定
◆キャラクターの動作指定:主人公,上を向く
◆指定動作の全実行
◆場所移動:0002:町の入口(020,029)
◆画面の表示:場所移動の設定




☆「画面の色調変更」で真っ暗にする
イベントコマンド:画面の色調変更で画面を真っ暗にする設定方法です。

長所 ・黒以外の画面色、半透明の薄い色などが設定できる。
・別のマップへ移動しても真っ暗が継続する。
短所 ・単色しかできず、模様などの表示はできない。
・ピクチャーなどを隠す事ができない。
用途 ・黒以外の色で場所移動したい時や、
 真っ暗な画面で文章やピクチャーを表示したい時に使用します。

表示有無
マップチップ キャラ ピクチャー 画面(キャラクター)フラッシュ 戦闘アニメ 文章
× ×

▼真っ暗にする設定画面


▼真っ白にする設定画面


フェードインのように徐々に画面の色を変えていく場合は、
色調変更にかける時間を設定してください。



☆ピクチャーで真っ暗にする
イベントコマンド:ピクチャーの表示で黒一色の画像を表示して、
画面を真っ暗にする設定方法です。

長所 ・黒以外の画面色、半透明、模様などの表示ができる。
・戦闘アニメや文章の表示ができる。
短所 ・小さいピクチャー番号のピクチャー画像を隠す事ができない。
・別のマップへ移動するとピクチャーが消去されるので、
 別のマップへの移動時には使えない。
用途 ・真っ暗な画面で文章やピクチャーを表示したい時に使用します。

表示有無
マップチップ キャラ ピクチャー 画面(キャラクター)フラッシュ 戦闘アニメ 文章
× ×

※ピクチャーはピクチャー番号の大きい物が上に表示される仕様なので、
 全てのピクチャーが見えなくするためには、
 黒一色を表示するピクチャーを50番にしてください。




徐々に画面を真っ暗にしていく場合は、予め透明度100%で表示しておき、
ピクチャーの移動を使って徐々に画像が見えるようにして、画面を暗くしていきます。
▼設定例
◆ピクチャーの表示:1,黒一色(160,120)(透明度:100)
◆ウェイト:0.1秒
◆ピクチャーの移動:1,(160,120),0.5秒
(透明度:0)



☆戦闘アニメで真っ暗にする
イベントコマンド:戦闘アニメの表示で黒一色の画像を連続的に表示する事で、
真っ暗な画面を作り出す事ができます。

長所 ・ピクチャーなどは表示できないが、文章は表示できる。
・色や単調な模様などの設定ができる。
短所 戦闘アニメの表示を常に表示し続ける設定が必要であり、
 表示し続けないと真っ暗が解除されてしまう。
・別の戦闘アニメを表示すると真っ暗が解除される。
・戦闘終了時に真っ暗が解除される。
用途 ・基本的に他の方法が使えない時の代用品です。

表示有無
マップチップ キャラ ピクチャー 画面(キャラクター)フラッシュ 戦闘アニメ 文章
× × × × ×



常に表示し続ける設定例です。
戦闘アニメは予めデータベース「戦闘アニメ」で準備してください。
フレーム数を4程度にすると、
イベントを停止した時にすぐに真っ黒な画面が解除されます。

■コモンイベント
イベント開始条件:定期的に並列処理する
◆戦闘アニメの表示:真っ黒,主人公




◎関連ページ
 ●イベントコマンド:画面の消去
 ●イベントコマンド:画面の色調変更
 ●イベントコマンド:ピクチャーの表示
 ●イベントコマンド:戦闘アニメの表示


YADOTトップ  このサイトは何?  気紛れな空間へ戻る  メール